なんとなく僕たちは大人になるんだ   

本に挟んであるアンケートはがきをしおり代わりに使っているsabasukeです。


先日行われました小中学生向けの全国学力テスト、
本日の新聞に問題が載っていましたので、
テスト大好きな僕が早速やってみましたよ。

まあいくら僕が学校行ってなかった人間だからって、
たかだか小6や中3の子供が解いてるような問題です。
いい大人であるこの僕に解けないはずはありません。

ということでまずは小学生の算数から。

最初の問題は28+72。
おいおいおい、いくら何でもナメ過ぎじゃねえか?
こりゃ小2レベルの問題だろ!

へっ、小学生の問題なんてこんなもんさね。
これで100点取れなかったら正味アホだよ。
楽勝で全問突破。余裕余裕!



1問間違ってたけどな!



・・・はい、すいません。
余裕ぶっこき過ぎて問題しっかり見てませんでした。
私めが真のド阿呆でございます。


その後中学生の数学にも挑戦。
見事に3問も不正解した。
うち先ほどと同じような凡ミスが2問、
真面目に分からなかった問題が1問。

ちなみに分からなかったのは、
問5-1-2
「辺BFとねじれの位置にある辺を1つ書きなさい」
って問題。


・・・ねじれって何?


さらに小学生の国語でさえ
素で1問不正解した私。
僕の人生オワタよ!


とにかく一つだけはっきりしたこと。
今回の中学生のテストの数学よりも、
某私立中学入試の算数の問題の方が
はるかに難かしいです。
頑張れ、公立中学生!



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
488点。あー、くそっ! あと一歩届かず。最後のミスが余計だったなー。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「屹度(急度)」



正解は「きっと」でした。
意味は「1、見込み(期待)通りに何かが行われることについて確信を抱くこと
      2、威圧的(警戒的)な態度で身構えること」


「あー、大工道具箱ね」
「うん、キットだね」
「冗談だよ。子供をからかっただけさ」
「それはキッド」
「にゃー」
「キャット」
「くそったれ!」
「シット」
[PR]

by sabasuke | 2007-04-26 02:49 | その他

<< FF10-2 プレイ日記3 FF10-2 プレイ日記2 >>