風邪に効く薬なし   

コリン星からピーマンの牛車に乗ってやってきたsabasukeです。

今日の体調報告ー!

今日は熱が36・9度から37・3度の間を行ったり来たり。
耳に当てて一瞬で測る体温計は誤差が大きいですよ。
やっぱり体温計は水銀が一番ですね。

鼻の方はだいぶ良くなってきたものの、
のどは依然として荒れたまま。
風邪が治る気配は一向にありません。

明日(日付変わって今日)は出掛けなければいけないので、
仕方なく風邪薬を投入することにしました。
せめて体温だけでも平熱に戻ってくれればと願いを込めて。

・・・が、今、この記事を書いている今、
なんだかとっても嫌な予感がする。

僕は恐る恐る体温計を手にとって耳に当ててみました。

ピッ!

「37・6度」

・・・・・・・・・

ぶり返してんじゃねえかよ!

風邪薬効かねえじゃねえかよ!
逆に熱上がったじゃねえかよ!

クソー、これというのもアレだ!
今日の「めちゃイケ」が中日ドラゴンズの試合でつぶされたのが原因に違いない!
地元民がみんなドラゴンズ応援してるわけじゃないんだぞ!
僕はめちゃイケをとっても楽しみにしてたんだぞ!
それなのに・・・それなのに・・・東海テレビのアホー!
(風邪引いてからまったく安静にしていなかった自分が原因です)

しかし何だ、3日もかけてこの程度の風邪を治せないとは・・・。
ふぬけた体になっちまったもんだぜ・・・。


今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
455点。オウオウ、イマイチじゃねえか。風邪のせいだ。きっとそうだ。


今日の漢字クイズ。難読語の読みと意味から
次の漢字は何と読むでしょう?

「稲荷」



正解は「いなり」でした。意味は「五穀をつかさどる食物の神」。
「稲荷神社」とか「稲荷寿司」の「いなり」ですね。
「稲荷寿司」については、稲荷神の使いであるキツネの好物が油揚げであるため、その油揚げを用いた寿司を「稲荷寿司」と呼ぶようになったという説と、稲荷神に供える米俵を象徴した寿司が「稲荷寿司」と呼ばれ、そこから逆にキツネの好物が油揚げになったという説があるようです。
[PR]

by sabasuke | 2006-08-13 03:23 | その他

<< ファイナルファンタジー8 適当... 私ブラックのサウスポー >>