カテゴリ:雑記( 202 )   

フォトグラファー   

新PCに悪戦苦闘中。
キーの配置とか前と微妙に違ってまだ慣れない~。

まあそれはそれとして、
先日SDカードなるものを入手いたしまして、
携帯で撮った写真をPCに載せることが可能となりました。
おお、これでついにこのブログもまともなブログっぽくなるかも!

というわけで早速秘蔵の写真を公開。

まずはこれ。


f0042382_2258357.jpg







ザ・うちの猫。










続いてはこれ。


f0042382_2313567.jpg







続・うちの猫。










さらにこれ。


f0042382_2335563.jpg







とことんうちの猫。











・・・被写体募集中。
[PR]

by sabasuke | 2009-04-02 23:04 | 雑記

おはよう。   

最近は深夜~朝勤がメイン。
今日もこの後26時からバイトなのさ~。
もう眠いんだけどどうしよう。


時に昨日の夜、
雨よけのために自転車のサドルにかぶせておいたビニール袋、
勝手にひっぺがえしていったやつ正直に名乗り出やがれこのやろう。
[PR]

by sabasuke | 2009-03-14 23:19 | 雑記

初日   

バイト行って来ましたよ!
仕事の半分はお掃除。
残りの半分はその他雑務に業務説明。
レジの説明なんかも一通り聞いたけど、
一気に言われたのでほとんどついていけません。
店長急ぎ過ぎ。

まあ、ボチボチ覚えてこう。
[PR]

by sabasuke | 2009-02-17 04:00 | 雑記

にゃんこを救え   


10歳の姉と8歳の弟、猫の手術費用集めにレモネード屋台営業


ええ話やのう。
わずか10歳に8歳という年齢でありながら、
愛猫のために屋台の営業に乗り出すとは・・・
どこぞのアホニートとは大違いです。

・・・ったく、見習え僕!!


ただ子供たちの意思を育むために見守ってるんだろうけど、
そうしてる間にも実際にネコちゃんが苦しんでるんなら、
親父何とかしてやれよ、って気はちょっとします。
[PR]

by sabasuke | 2008-06-05 04:39 | 雑記

引きこもる人々   


「<引きこもり>平均年齢30歳超す 「親の会」331人調査」

全国引きこもりKHJ親の会(奥山雅久代表)の会員を対象に毎年行われている調査で、引きこもり状態にある人の平均年齢が初めて30歳を超えたことが分かった。新たに引きこもりとなる若年層がいる一方で、長期間にわたり引きこもりから抜け出せない30~40代の層が確実に増えている実態が浮き彫りになった。



そりゃまあそうだよね。
長期間引きこもって年を取れば取るほど、
だんだん引きこもりを抜け出すのは難しくなってくもんね。
逆に若い人たちは引きこもりから早く脱却できる可能性も高いわけで、
このままじゃ引きこもりも高齢化は止められないよなあ。


そういえばこういう話題になると、
「甘やかして面倒見ずに、突き放して強制的に自立させろ」
っていうような話をたまに聞きますが、
それは確かにある程度は正しいと思う。

実際それで引きこもりの半分くらいはうまく立ち直るんじゃなかろうか。
もちろんそれだけじゃ全てを解決できないから問題なんだけど。


僕はですね、「引きこもり」ってのは、
「高所恐怖症」みたいなものだとおもうのです。

高所恐怖症の人に対して、
「平気だから高いとこまで登ってこい」
と無理矢理高所まで登らせようとしたところで、
足がすくんで動けなくなるに決まっています。

それを強制的に高いところまで連れて行き、
「あとは自分でどうにかしろ」
と言い放って放置した場合、どういう行動を取るのか。

勇気を持って一歩を踏み出す人もいるでしょう。
何もできずにその場でうずくまってしまう人もいるでしょう。
あるいは恐怖のあまり気絶してしまう人もいるかもしれません。
もしかしたら混乱して転落してしまうなんてこともあるかも・・・

つまり単純に強制することで立ち直れる人ばかりだったら、
別に何も苦労はしないということですな。
っていうかいつかは必然的にそんな時が来るんだし。
考えなくちゃならないのは「それができない人」への対処です。

じゃあどのように対処するのが効果的なのか。
それを考えるのは・・・専門家の人たちに任せよう。


・・・あ、上記の「高所恐怖症的な例え」は、
あくまで僕がなんとなくそう思っただけであって、
別に根拠のある話ではございませんのであしからず。



そういえば僕がちょっと前から行ってる、
いわゆる「引きこもりたちの集い」のこと。

今度何人か新メンバーが加わるかもしれない、
なんて話を聞いたんですけどね、
まあつまり、全員「男」だということなんですよ。

ええ、もう「女性」が! とにかく「女性」が来てくれない!!
これじゃテンション上がらない! 激しくつまんない!!

くそう、なぜだ!? こんなに僕が心待ちにしているというのに!!
岐阜県在住の引きこもり女性の諸君!!
今こそ立ち上がる時だ! 僕は待ってるぞ!!
[PR]

by sabasuke | 2008-04-11 23:41 | 雑記

神様にお願い!   


「インドで2つの顔を持つ女児、「神の生まれ変わり」の声も」

インドの首都ニューデリーから55キロ離れた当地で誕生した2つの顔を持つ女の赤ちゃんが注目を集めている。報道によると、赤ちゃんの健康状態は良好で、地元住民からはヒンドゥー教の神の生まれ変わりとして崇拝されている。

AP通信が8日伝えたところによると、この赤ちゃんは3月11日に誕生。「娘は、他のどの子供とも変わりなく、元気だ」との23歳の父親のコメントを報じた。




日本ではただの「奇形」として扱われそうな話だけど、
インドでは「神の生まれ変わり」として崇拝されるんだとな。

確かに希有な存在として奇異の目を持って見るよりも、
考え方としてはずいぶんプラス思考ではあるよね。
日本はすぐマイナス面を優先して考慮しがちだからね。
別にそれが必ずしも悪いってわけじゃないけど。

まあそんな「神」だのなんだのという宗教的な価値観は、
あんまり今どきの日本人には理解しにくい感覚かもしれないけど、
でもそんなにバカにしたものではないのかもしれない。

逆に考えてみれば、むしろ我々の方が、
「科学」というものを妄信しすぎているのではなかろうか?
「神の生まれ変わりなどありえない」と単純に否定してしまう方が、
盲目的な思考になっているではなかろうか?


もっとも神だとか科学だとかそんなことより、
一番考えなくちゃならないのは、
「この赤ちゃんが今後健やかに成長できるのか」
ってことですね。
今のところは特に異常もなく元気らしけど。

それに「崇拝」だろうが「同情」だろうが、
どっちにしろ「普通」の目では見られないだろうからね。
最終的には本人の気持ち次第になるけど、
やっぱり何かと大変そうだよなあ。
[PR]

by sabasuke | 2008-04-10 23:40 | 雑記

A Happy Life   


「英国人、より裕福で健康でも幸せは実感しにくい傾向=調査」

英国立統計局(ONS)が8日発表した「社会動向」に関する年報で、英国人は以前よりも裕福かつ健康で長寿になっている一方、幸せを実感しにくくなっている傾向が示された。

同年報によると、英国の1人当たり生産量は過去30年間で2倍以上になり、2005年にはG7(先進7カ国)で3番目に高い水準になった。また健康面では、心臓発作など循環器系疾患の死亡率が1970年代以降大きく低下しているほか、がんや呼吸器疾患による死亡も着実に減少している。

一方、生活水準に対する満足度では、1970年代から目立った変化はみられなかった。

この結果について、統計局のポール・アリン氏は「経済的な幸福は着実に改善しているが、社会的な幸福は改善してないことが示された」と指摘。国の富がある水準を超えると、生活上の満足感が変化しにくくなるという学説にも合致しているとの見方を示した。




まあね、結局「幸せ」なんてものはね、
他と比べて初めて分かるもんなんだよね。

例え自分が恵まれた環境の中にいたとしても、
周りもみな同じような環境の中にいるのであれば、
それはただの「普通」に成り下がってしまう。

つまり「不幸」がなければ「幸せ」も存在しないわけだ。
自分よりも不幸なヤツがいるからこそ、人は幸せを感じることができる。

それはすなわち、
「この世に生きる全ての人々」を幸せにすることは、
理論的に不可能であるということになる。


・・・あれ?
なんだかすっごく嫌な結論導いちゃった。


まあ、なんだ、
最終的に幸せかどうかを決めるのは自分自身だってことで・・・OK?
[PR]

by sabasuke | 2008-04-09 23:06 | 雑記

今度は本当に   


あけましておめでとうございまする。


どもども。
皆様に会うのは昨年以来でございますね。
お元気にしていらっしゃいましたか?

・・・うん、そうですか。
それはよかったです。


さてさて、先ほど年が明けたと同時に、
わたくし早速近くの神社まで行ってまいりましたよ。
詣でてはこなかったんですけどね。

神に頼るなんて最後の手段だぜ。
僕は何事も出来る限り自分の力で成し遂げたいのさ。
何も出来てないけど。

じゃあ何で神社なんかに行くんだといったら、
そりゃもちろん晴れ着姿のうら若き乙女に出会っちゃって
そこから恋のアタックチャーンス!
なんて都合のよすぎる展開を期待しているからに
決まってるじゃないですか。


それで近所の神社に行きましたらですね、
これがまあ人っ子一人居ないんでやんの。
田舎って素敵だよね。

おいおい、このまますごすごと引き返すわけにはいかねえぞ。
僕の恋の欲求不満度をなめんな!

そんなわけで少し離れた所にある
ちょっと大きめの神社までわざわざ足を伸ばしましたよ。
そしたら大量の人でごった返してましたよ。

来たよこれ。これだけ人が居れば
可愛い女の子も結構見つかるんじゃねえの?
ワクワクしながら散策開始しましたよ。

参道暗くて人の顔とか全然見えませんでしたよ。
若い女性だと思って近づいたらオバサンでしたよ。
もっとかがり火焚いとけこのヤロウ!!


ということで今年最初の恋愛フラグ立ては失敗いたしまして、
明けてめでたいけど何にもおめでたくないのさ。


こんな感じで今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by sabasuke | 2008-01-01 01:26 | 雑記

今日も憑いてます   

警視さんが関与していたと疑われてる
霊感商法の事件がいま巷で話題になっているようですね。

あんまり詳しくは分からないんですけど、
こういうのはアレですかね?
法外な値段をつけてるところがやっぱ一番の問題なんですかね?
適正な値段で物を売ったとか祈祷料取ったのであれば、
別に違法にはならないんですかね?


我が家もねー、
結構じいさんばあさんが信心深いもんでねー、
毎月わざわざどっかの宗教家のオッサンを
家に呼んでお祈りしてもらって、
それなりの額の謝礼を払っちゃったりしてるわけですよ。

まあこっちが自主的に頼んでるわけですから
別に違法とかそういうのでは全然ないんですが、
でもねー、こういうのってねー、
なんだかなあ、って感じがするわけですよ。


・・・なんだかなあ。
[PR]

by sabasuke | 2007-12-21 23:29 | 雑記

めちゃイケとか好きだし   


バラエティーの罰ゲーム自粛を=BPO青少年委が見解

放送倫理・番組向上機構(BPO)青少年委員会は25日、テレビのバラエティー番組で行われている「罰ゲーム」などの暴力表現について「青少年の人間観、価値観を形成する上で看過できない」として、テレビ各局に自粛を求める見解を発表した。
同委は2000年にも、バラエティーの暴力や性描写が民放連の基準に抵触するという見解を出していた。今回は「(番組によっては)時を追うごとに過激化する傾向もある」と指摘。「見解が繰り返し無視されればメディアの自浄作用を疑わせる結果を生む」などと、強い表現で改めて対応を要請した。



またおかしなこと言い出しやがったよ。
そんなもん断固反対に決まってるよ。
そんなことされたら面白さ半減するじゃん!

「青少年の人間観、価値観を形成する上で看過できない」
って、それならテレビを批判する前に、
あくまでギャグとして番組の中で暴力表現を取り入れてることと、
実際に生活の中で暴力を振るうということは全く違うという、
もっと根本的な当たり前の常識をしっかりしつけるよう促せよ。


・・・と、僕は思うのさ。

あー、もう、こんなんで笑いの幅を
狭められていったりしたらたまりませんな。
[PR]

by sabasuke | 2007-10-25 22:56 | 雑記