ゆっくり跳ねる音楽   

どうもsabasukeです。指先に血が付いてると思ったら赤ペンでした。


「僕ギター弾けます」
なんてことをうっかり人前でしゃべってしまうと、
さぞかし歌も上手いのだろうと勘違いしてしまう人がたまに居るようです。
だから僕は声を大にして言っておきましょう。




それは大いなる間違い。




サンバの国で暮らす人が必ずしもリズム感に優れているとは限らりません。
インディアンだってもしかしたら嘘つくことがあるかもしれません。
それらは勝手なイメージによるただの思い込みに過ぎないのです。

そう、楽器が出来るからといって歌が上手いには決して結び付かないんだ。
僕は別に美声を持ってるわけでもなければ音感もないしリズム感も悪い。
これは謙遜でもなんでもなくただの純然たる事実。

だからやめろ!そんなに期待するんじゃない!
頼むからこれ以上ハードル上げないで!
がっかりするから!本当がっかりするから!!
うわぁぁぁやめろぉぉぉぉ!!!



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
497点。お気の毒ですがあなたの「タイピングの書1」は消えてしまいました。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「見做す(看做す)」




正解は「みなす」でした。
意味は「いろいろな状況から(そうする必要から)そのような判断をくだす」
[PR]

by sabasuke | 2008-12-21 00:31 | その他

<< 望郷ひとり泣き 真っ昼間ガール >>