若草の髪かざり   

どうもsabasukeです。ぬるいと思って飲んだお茶が思ったより熱くて一瞬ビビリました。


公園のコイにエサをやる、
という若者としてうら寂しいことこの上ない行為に及んでいた日曜日の午後、
たまたまそこを通りかかったのは散歩中と思わしき一組の父子だった。

まだ補助輪付きの自転車に乗っていたその少年は、
僕がエサを投げ込むたび狂ったように群がるコイの姿を興味深げにじっと見つめる。
そしてその視線がエサを持つ僕へと注がれるまでにさほど時間はかからなかった。

「エサ、あげてみる?」

少年の方へと近づきながらそう尋ねてみると、
彼はこくんと首を縦に振って僕が差し出したエサ袋へと手を伸ばした。

「ほら、ありがとうは?」

後ろに立っていた少年の父親が優しくたしなめる。

「おにいちゃん、ありがとう!」

少年は素直に父親の言葉に従うと、
遠慮がちに少量だけエサを握り、コイの待つ池の中へそれを放り投げた。


最近は子供に挨拶しただけで不審者扱いされたとか、
なんともいえないような話もしばしば耳にしたりして、
一体この先日本はどうなっていっちゃうんだろうかと、
時には杞憂気味のことまで考えちゃったりもしてたんだけど、
今日僕は、この父子と出会えて、心からホッとしたんだ。

うん・・・本当に良かった。




「おじちゃん、ありがとう!」じゃなくて。




無精ヒゲ剃ってなかったしおじんくさい部屋着のままだったし、
もうヒヤヒヤしたよ。僕まだピチピチの20代だったよ。
ありがとう少年。願わくばあの子が僕のようになりませんように。



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
463点。早速劣化進行してるし。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「須(ら)く」




正解は「すべからく」でした。
意味は「ぜひとも(次の事をすべきだ)」
[PR]

by sabasuke | 2008-12-01 00:28 | その他

<< 限りある時の中で・・・ FE 新・暗黒竜と光の剣 2周... >>