FE 新・暗黒竜と光の剣 初回プレイ日記10   

そろそろ終盤だね。
20章~





「20章 ブラックナイツ・カミュ」

ロレンスが城ボスになってカミュが移動型のユニットになってる。
まあ立場的に考えればそっちの方が妥当ではあるか・・・うん。

まず川を挟んだ嫌な場所に配置されてる敵シューターを、
ベックのサンダーボルトで速攻破壊。
しようと思ったんだけど命中率87%を見事に外した。
うむ。これぞファイアーエムブレムだ。

続いて敵の前衛部隊と増援部隊を相次いで撃破し、
ジュリアンで跳ね橋を下ろして東側から回り込むルートで攻めた。
そしたらカミュと二ーナの会話イベントが起こらないままカミュとの戦闘に突入してしまった。
やはり敵城南の山に足を踏み入れることがイベント発生条件か。

今作でもカミュの強さは健在だけど、SFC版に比べるとやや弱体化。
特に幸運の値はその境遇を反映してか0にされてた。
まあしょせんはパラディンなのでバーツのポールアクスの前にあっさり敗退。

最後はロレンスをシーダで寝返らせて終了。
あとこの章でカチュアとレナをクラスチェンジしました。


「21章 決戦マケドニア」

ところどころに林があるだけで障害物の無いだだっ広いマップ。
それだけに戦略を立てづらく正面からのぶつかり合いになりやすい。
もっともそうなれば純粋な戦力で勝るこちらの方が圧倒的に有利。
防御低いキャラが狙われないよう気を付ければ特に問題無し。

ここのボスは手槍持ってるだけの超ザコ。ウルフとかノーダメだし。
でもマスタープルフ持ってたのでマリクをクラスチェンジ。


「22章 天空を駆ける騎士」

ミシェイル登場。
こっちはカミュと逆で動かない城ボスになってた。

敵盗賊から村を守るため1ターン目から全速前進。
ただ敵にナイトキラー持ちがいるので騎馬系先行させすぎると危険。
また6体同時に出現して一斉に攻めてくる増援部隊もやっかい。
2キャラ分の幅しかない階段で壁を作って持久戦するのもいいけど、
それだとウォーム持ちの司祭が毎ターン攻撃してきてウザイので、
敵陣に強引に突っ込んで増援が出現したそばから撃破していく方法も有効。

そしてミシェイルはやっぱり弱い。
能力はカミュに引けを取らないのに、武器の差がねぇ・・・
[PR]

by sabasuke | 2008-11-06 23:22 | ゲーム

<< 痛みを優しさに 苦しみを強さに 黄金色の夜に落ちて >>