誰かの風の跡   

どうもsabasukeです。玄関先で宗教の勧誘を受けました。


テーブルの上に無造作に置かれていた見慣れぬお菓子。
「これどうしたの?」と僕が尋ねると、
「ああ、ゆきちゃんに貰ったの」と母。

ゆきちゃんとな!?
そんな名前の知り合いいたっけ!?
それどこのゆきちゃん!?

「ゆき」と言われて思い浮かぶのは、
「松下」か「内田」か「小柳」か「長門」か「小」か「さおり」ぐらいだけど、
当然そんな有名人の面々と関係があるはずはなく、
かといって親せきにもその名前の人は居た記憶がない。

・・・くそっ、一体ゆきちゃんって誰なんだぁーー!!





後にご近所の幸夫さん(72)と判明。




疑問が解けて気分はスッキリ。
期待が外れて激しくガッカリ。



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
506点。・・・あれ?上り調子だったの気のせい?


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「蟾蜍(蟇蛙)」




正解は「ひきがえる」でした。
意味は「いぼのたくさんある大形のカエル。暗くなると、のっそりと活動を始める。がま」


「当たった年賀はがきって郵便局で引き換えるの?」
「そうだけどもう期限過ぎてるよ」
[PR]

by sabasuke | 2008-10-25 00:05 | その他

<< 歌い継がれてゆく歌のように 僕が生まれた街 >>