FE 新・暗黒竜と光の剣 初回プレイ日記7   

久しぶりにドカッと進めました。
では11章~スタート!





「11章 ノルダの市場」

アベルをアーチャーに、カインをソシアルナイトに変更。
シーダもペガサスナイトに戻そうと思ったけど、
敵軍の中にシューターが居るのに気付いてやめた。

この章ではシューター以外にも気をつけるべき敵として、
キラーボウ持ちのスナイパーや移動型ボスであるマムクートのショーゼンがいる。
でもどっちも鉄壁のジェネラルウルフでおびき出して各個撃破していけばいいだけさ!
すごいぜウルフ!こんなに役に立つヤツだとは思わなかったぜ!
しかも何気に成長率高くね!?

そして忘れちゃいけないのがついに登場魔道士リンダちゃん!
魔法を使うときチラリとのぞく生足はDSでも健在だぜひゃっほう!!
しかしいかんせん登場時のレベルは1。
さすがに即前線送りにするには厳しいので、
とりあえず闘技場に放り込んでレベル8まで上げておきました。
あとシューターのジェイクとかいうヤツも仲間になったけどそれはどうでもいいや。


「12章 アカネイア・パレス」

敵の中にヒムラーっていうバナナマンみたいな名前のパラディンが居た。
顔グラまで付いてたからなんか特別なヤツなのかと思ったけど、
特にセリフも無いまま普通に死んでった。なんだったんこいつ?

ここでは人質救出が目的の一つとなるけれど、
しばらくほっといても案外人質は持つので結構余裕です。
っていうか武器取り上げられてるのに鎧は着込んだままなのね。

ボスのボーゼンはボルガノン持ってる上に速さも高めでなかなか強い。
念のためMシールドで魔防を高めてから攻めた。


「13章 グルニアの木馬隊」

ここはかなりの高難度マップ!
シューターの数が半端なく、マップ内の大半が敵の攻撃範囲内。
そのせいでHPや守備に不安のあるキャラはほとんど使えない。
また敵の中にひっそりと紛れてるアストリアの存在も地味にやっかい。

マップの上下に配置されてる敵シューター部隊は
少数精鋭のソシアルナイトなどを向かわせて速攻撃破するとして、
やはり問題なのは激戦となるマップ中央部の攻略。

移動型のシューターはおびき出して倒せるけど、
基本的にこちらの移動力が敵の攻撃範囲に劣っている以上、
固定型のシューターに攻撃を仕掛けるには砲弾の中を突っ切らなきゃいけない。

そこで今回活躍したのがおなじみの鉄壁ウルフと、
攻、守、HP、どのパラメータも高水準を誇る我らが主人公のマルス様。
王子自ら敵陣の奥深くに突入し、片っ端からシューターを破壊していただきました。

もちろん他にも敵の弾切れ待ち作戦とか安全策はあったんだけど、
それだと時間掛かるので今回は危険を顧みず強攻策を取ったわけですが、
村を訪問すると敵シューターに特攻をもつサンダーボルトを持った
ベックというキャラが仲間になることを知ったのはボスを倒した後のことでした。
[PR]

by sabasuke | 2008-10-23 23:07 | ゲーム

<< 僕が生まれた街 ヤマトナデシコ七変化 >>