スターオーシャン2 レナの独り言23   

このネーデに来てからというもの、
私たちの後ろをひたひたとつけてくる怪しい人影。
隠そうにも隠し切れない不恰好な気配をまとったその人の正体が、
今ついに、明らかになる・・・



ネーデ新聞社の熱血新米記者、チサト・マディソン。
他人のプライベートを暴くためならたとえ火の中水の中、
凶悪な魔物のはびこるダンジョンだって自慢の神宮流体術でなんのその、
どんな危険地帯もいとわず進む、天下無敵のストーカー!

まずいわね・・・こんな人にうろつかれてたんじゃおちおちピックポケットも出来ない。
かといって無理に排除してマスコミを敵に回すのは得策とは言えないわ。
となれば、残された手段は一つ・・・

チサトさん、私たちと手を組まない?
見返りは「最新の十賢者情報」を他社を出し抜いていち早く入手できること。
どう?決して悪い話じゃないと思うけど?

こうして新たな仲間を加えた私たちが次に向かったのは、
「知」「力」「勇気」「愛」の名を冠した4つの場所。
十賢者を倒すためにはこれらをすべて巡って試練を受けなきゃならないんですって。
なんていうか、とことんRPG的な展開よね。

とまあそんなわけで4つの場をかるーく攻略した私たちは・・・
って、え?そんな大胆に省略するなって?
だって裏ダンで手に入る物を除けば既に最強装備で身を包んでいる私たちにとって、
この程度のダンジョンなんか何の刺激にもならないんだもの。
つーかクリムゾン-D-装備したディアスのケイオスソードが強すぎるのよ。
バーニィシューズ履かせてればさらに無敵。
ここまで「俺TUEEEE」気分を味わえるRPGも珍しいわ。
[PR]

by sabasuke | 2008-09-12 22:24 | ゲーム

<< 何処かで君を見つけても One Night Animal >>