スターオーシャン2 レナの独り言9   

旅の途中に立ち寄ったマーズ村で誘拐事件が発生。
私たちは都合よくそれに巻き込まれることになってしまった。



人質となった村の幼い子供たちの命と引き換えに犯人側が要求してきたのは、
村に伝わる門外不出の秘伝書だった。
無論それを呑むわけにはいかない村人たちは熟慮の末、
依頼料は高いけど頼まれた仕事は常に完璧に遂行する、
その世界では有名な超A級戦士を雇い事件の解決を頼むことにした。

え?そ、それってまさか、
ゴルゴ13!?
じゃなくて、

「・・・ディアス?」

ディアス・フラック。
とある事件がきっかけで、数年前アーリア村を出て行った私の幼馴染。
長身長髪のイケメンで剣の腕は超一流、常に冷静沈着で見識も深い。
これでシスコンでさえなかったらまさに完璧超人だったのに。

でも、本当に久しぶりねディアス。
まさかこんな所で会えるなんて思わなかったわ。
あなたがいてくれたらたかが誘拐犯一味なんか目じゃないわ!
さあ、早速子供たちを助けに行きましょう!

・・・と、いきたかったんだけど、
ここでしょうもない問題を持ち込んできたのがクロードの奴。
どうもクロードってば私がディアスと仲良くしてるのが気に入らないみたいで、
あからさまに私に突っ掛かってくるのよ。

ちょっとちょっと、まさかあんた嫉妬してるの?
ったく、これだからガキっぽい男って嫌なのよね。
悪いけど私は19歳にもなって光の勇者ごっこしてるような男に興味はないの。
いつまでも夢見てないでいいかげん大人になりなさい。

とりあえずいじけたクロードの相手はセリーヌさんに任せて、
私はディアスとともに誘拐犯のアジトへと向かった・・・
[PR]

by sabasuke | 2008-07-13 22:49 | ゲーム

<< 命は燃やしつくすためのもの 永遠のミスキャスト >>