スターオーシャン2 レナの独り言5   

クロス城へとやってきた私たちは、
ソーサリーグローブのあるエル大陸へと渡る許可を得るため、
王様への謁見を求めた。



あっさりOKもらえたわ。
しかも王様ったら旅の資金の足しにしろってせんべつまでくれちゃうし。
一般人に対する扱いとしてはどう考えても破格の扱いよね。
これも魅力的過ぎる私が悪いのかしら。ふふ、私って罪な女。

でもクロスはやっぱり大陸一の都市だけあるわ。
どこへ行っても大量の人でにぎわってる。
男も女も子供も老人も、さらにはあんな有名人まで。

そう、聞いて驚かないでよ!
なんとなんと私、あの天津飯さんと街ですれ違ったのよ!
金髪長髪のカツラをかぶって変装してたみたいだけど、
ドラゴンボール世代の私の目をごまかすことは出来ないわ。
その額に第3の目が備わっていたのをしっかり確認したんだから!

でも大勢の人が居るってことは、
中にはやっぱりちょっと変わった人も居るのよね。

街の中心広場でなにやら騒ぎが起きているのを聞きつけた私たちは、
野次馬根性丸出しで様子を見に行ってみたんだけど、
そこに居たのはいかにもな悪人面した一人の男と、
ワンピースの上からふんどしをまとうという、
あまりにも奇抜すぎるファッションに身を包んだ女性だった。

・・・これは色々な意味で関わらない方がよさそうね。
そう思った私が足早にその場を立ち去ろうと思ったその時、
悪人面の男が放った一言で全ての事情が変わったの。

「おい、てめえ!さっさとその宝の地図をこっちによこしやがれ!」

気付いた時には私の放ったムーンサルトキックが男の下あごにクリティカルヒット。
泡を吹きながら地面に倒れ伏せた男を尻目に、
私はそのふんどし女から詳しい話を聞きだしていた。

ふんどしの・・・じゃなかった、彼女の名前はセリーヌ・ジュレス。
自称トレジャーハンターをなりわいとしている紋章術使い。
なんでもオークションでクロス洞穴に眠るお宝のありかを示す地図を競り落としたんだけど、
いきなりさっきの男に絡まれてそれを渡すように迫られ困っていたところに、
私がさっそうと現れて彼女(の持ってた宝の地図)を救ったということらしいわ。

しかしまさかクロス洞穴とは・・・
あそこは数多くの凶悪な魔物がはびこっていることと、
異常なフリーズ率の高さで恐れられている魔の洞窟じゃない・・・

でも、お宝があると聞いて黙って見過ごすわけにはいかないわね!
よしセリーヌ、ここは一つ協力して、何が何でもそのお宝をゲットしましょう!
ちなみに宝の分配は半々でいいわよね?

こうしてセリーヌさんが私たちの新たな仲間となった。
・・・え?ソーサリーグローブ?
そんなもん後回しよ。目の前のお宝優先に決まってるじゃない!
[PR]

by sabasuke | 2008-06-17 23:23 | ゲーム

<< 真夏の夜の夢 大冒険マーチ >>