白と黒の間に   

どうもsabasukeです。たまに芸能人の名前をど忘れするお年頃です。


ご飯を食べようと思って炊飯器を開けたら、




お米が薄紫色をしてました。




ええぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!???

っと一瞬かなり不吉な想像が頭をよぎったのですが、
どうやら母が雑穀米を炊いただけだったようです。
ったく、あんまりビビらせんなよもう!


ということで早速それをお茶碗によそって食べ始めたんですけど、
お米の色と黒豆が入っていること以外はごくごく普通のご飯。
おかずも無しにそのまま食べるだけでは少々味気ありません。

そこで取り出しましたるは、
我が食卓の友にして仲間にして最高のパートナー、
その名も海苔の佃煮「ごはんですよ」であります!

これさえあればご飯が茶碗に5杯は食え・・・
いや、それはちょっと言いすぎか。
茶碗に3・・・まあ2杯ぐらいなら食えるという優れもの。


でもね、僕はその時まだ、
その行為の危険性に気付いてなかったんだ。

そう、海苔の佃煮は黒い。黒豆も当然黒い。
同じように黒い二つの食材が一つの皿の上に乗った時、
どっちだどっちだか区別が付かなくなってしまうことなど誰が想像しただろうか!

海苔の佃煮が乗ってる部分だと思って食べたら、
実は黒豆で全然味がしなかった時のガッカリ感といったらもうありません。
黒い食べ物に黒い食べ物を合わせることの恐ろしさを、
僕はこの出来事で身を持って知ったのです。


いやホントに、「ごはんですよ」は美味いよね。



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
527点。今日もー、とことんー、ダメでしたー。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「焦れる」




正解は「じれる」でした。
意味は「じれったく思って、がまんできなくなる」


「あっはっはっは、あかん、面白すぎて腹がよじれる」
[PR]

by sabasuke | 2008-06-15 00:58 | その他

<< 夜の片輪車 スターオーシャン2 レナの独り言4 >>