にゃんこを救え   


10歳の姉と8歳の弟、猫の手術費用集めにレモネード屋台営業


ええ話やのう。
わずか10歳に8歳という年齢でありながら、
愛猫のために屋台の営業に乗り出すとは・・・
どこぞのアホニートとは大違いです。

・・・ったく、見習え僕!!


ただ子供たちの意思を育むために見守ってるんだろうけど、
そうしてる間にも実際にネコちゃんが苦しんでるんなら、
親父何とかしてやれよ、って気はちょっとします。
[PR]

by sabasuke | 2008-06-05 04:39 | 雑記

<< 愛はちっとも難しくない 汚れなき悪意 >>