FF6 不確かな人生を送る者たち15   

f0042382_22291887.jpg


ようやくラスボス。
最終メンバーはもちろんこの4人。
正確には3人と1匹か。





Boss:ラスボス

まずは第一段階。
顔+長い腕+短い腕の3パーツで構成。
敵の行動は物理攻撃が中心。

まず魔石「オーディン」で長い腕を速攻始末。
あとはガウが「あばれる→ティラノ」でメテオ、
ゴゴが「あばれる→ベクタリトス」でホワイトウインドを使用。

基本的にたいした攻撃はしてこないが、
磁場転換で前列に引っ張り出されると、
ただの通常攻撃もあなどれない威力となる。
モグやゴゴだと一撃で即死してしまう可能性もあるほど。

死んでもすぐ蘇生させればいいのだが、
一度死ぬとレビテトの効果が消えてしまうため、
顔パーツがファイナルアタックで使ってくることがある
クエイクを回避できなくなってしまう。

当然クエイクで死んでしまったら、
段階移行とともにパーティメンバーが入れ替わってしまうため即リセット。


続いて第二段階。
虎、機械、魔法、殴るの4パーツで構成。

ここでも速攻で魔石「セイレーン」を発動し、
一番やっかいな魔法パーツを無力化する。
あとは先程と同じくガウがティラノ、ゴゴはベクタリトスを使用。

敵の攻撃パターンは多彩だが、
炎系の技の使用頻度がやや高いので、
フレイムシールドなどを装備しておくとやや楽になる。

まあどれもたいして強くないので、
ここで負けるようなことはまずない。


そして第3段階。
まりあ+ねむりの2パーツで構成。

まりあは主にホワイトウインド役。
HPが低いので、ホワイトウインドの合間に
ガウのメテオが2発決まればケリが付く。

問題となるのはねむりの方。
最初使ってくるメルトンは無効化できるので平気だが、
HPが減ると恐怖のメテオ連発モードに移行する。
特殊メテオの方なので一応回避は可能だが、
基本的に一人の死者も出せない状況の中、
全員が回避してくれる確率はかなり低い。

よってここで取るべき手段は、
「あばれる→まじんりゅう」によるノーザンクロス。
これが決まれば敵は氷漬けになり一切の行動ができなくなる。

ダメージ計算しながら戦い、敵が発狂する直前にこいつをうまく叩き込む、
・・・ことができればいいのだが、なかなかうまくはいかない。
ノーザンクロスは確実に使ってくれるわけでもなければ、
確実に当たるわけでもないし。

ぶっちゃけ全員生存したまま勝てるのは数回に一回。


それでも何とか第3段階を突破して、
いよいよケフカとのバトル。

序盤は「こころない天使」といういやらしい技を使ってくるが、
それ以外はたいしたことはしてこないので問題はない。

中盤に入ると回避不能全体攻撃のミッシングを使ってくるが、
HPをしっかり回復しておけば耐えられる範囲なので問題はない。

そして後半に入ると、
カウンターで「アルテマ」を使ってくるというふざけた行動に出る。
これを受けると当然問答無用で全滅なので、
ここは先程と同じくノーザンクロスで動き封じ作戦を用いる。

が、やっぱりこれなかなかうまくいかないんだって。
ゴゴ普通に攻撃しちゃってアルテマ使われて全滅したって。


うがー、もうやってらんねえl
いちいちケフカのところまで来るのに時間かかるんだよチクショー!
苦労してここまで来てあと一歩のところでアルテマとかふざけんじゃねえよこのヤロー!


・・・ふう、後日また再チャレンジします。
[PR]

by sabasuke | 2008-05-08 23:16 | ゲーム

<< たとえば、こんなささやかな一日 真夜中にラナウェイ >>