壁に話しかける普通の朝、僕はただの男   

どうもsabasukeです。ネクタイの結び目をうまく逆三角形にできません。


公立中学校の通信簿の5段階評価で、学校や地域の差が依然としてある。「相対評価」から「絶対評価」に変わり7年目を迎えるが、成績のインフレ傾向が目立ち、生徒の9割に「5」をつけるケースも。


なんてことがあるんだって。
僕が中学生だった頃はまだ相対評価だったから、
「1」とか「5」なんてクラスで2人ずつぐらいしかもらえなかったよなー。
もっとも僕は授業出てなかったから成績自体つかなかったんだけど。

ちなみにそんな僕と、
狭き門をかいくぐって見事成績「1」をゲットした2人の友人、
この我ら3人こそが俗に言う「伝説の3バカトリオ」である。

・・・類は友を呼ぶもんですね。



さて、話は変わりますが、
本日食材のストックが底を付きましたので、
1週間ぶりに買い物に出かけたのですよ。

さすがにゴールデンウィーク最終日だけあって、
店内はなかなかの込みようだったんですけど、
その中にガァガァとやかましくわめいてやがるガキンチョがいたのです。

こういうしつけのなってないガキにはね、
ここは一つ、大人としてガツンと注意してやらにゃならんと、
心の中で思ってはみたもののやっぱりなかなか行動には移せず、
結局いち傍観者として群衆の中に溶け込んでいたんですけども、
しばらくしたらその子のお父さんらしき人がやって来まして、
子供となにやら会話をし始めたのです。



日本語でも英語でもない変な言語で。



いやー、外人さんだったんですねー。
ぜんっぜん気が付きませんでした。
そう言われりゃ結構濃い顔してたわ。(←なら気付けよ!)
多分東南アジア系かな?

で、その上で改めて思ったんですけど、



そういう子って、どう注意すればいいの?



言葉が通じない以上やっぱジェスチャー?
ボディランゲージは世界共通?


まあ、注意すること自体ができなかった僕は、
んなこと考える前にまず自分のヘタレをどうにかするべきですね。

と、いつも思ってはみるものの、
そう簡単には強くなれないもんさー。
現実は厳しいのう・・・



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
493点。さほど難しくないお題なのに点伸ばせなかった。僕の失敗だー。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「口遊む(口吟む)」




正解は「くちずさむ」でした。
意味は「心に浮かぶ詩や歌などを興に任せて軽く声に出す」


「こら、そんな所にたむろして入り口塞ぐな」
「あ、すいません」
[PR]

by sabasuke | 2008-05-07 00:19 | その他

<< FF6 不確かな人生を送る者たち14 恋は風に乗って >>