FF6 不確かな人生を送る者たち12   

フィガロを動かして古代城へ。
目的はブルードラゴン退治と皆伝の証。
皆伝の証はコロシアムでスノーマフラーを入手するために使用。
セッツァーのイカサマ乱れ撃ちよろしくぅ!

なおトンベリマスターやサムライソウルは、
面倒なので「あばれる→ロフレシュメドウ」で始末しました。
どう考えても反則過ぎるので攻略上のボス戦では使用しません。
・・・たぶんね。


Boss:ブルードラゴン

はっきり言ってただのザコ。
たいして威力の高い攻撃は使ってこない。
まあこっちの防具が整ってきてるからそう感じるだけだろうけど。

「あばれる→イオ」のフレアスターで5000以上のダメが出るので、
ゴゴと2人で暴れてればあっという間。
回復の必要もなかった。


そしていよいよ瓦礫の塔に突入。
いや、前にアイテム回収しに来たけど、
今度はちゃんとボスを倒すために突入。


Boss:アルテマバスター

「我が名はアルテマ・・・時のかなたに忘れ去られしもの・・・
 我は創造されて間もなく、この地に安置された・・・」


↑ この地=トイレ


というかわいそうな境遇のアルテマバスターだが、
その実力の方はかなりのもの。
なぜなら奴はこちらの攻撃を数十回受けると、
究極魔法「アルテマ」を使用してくるのだ!

当然喰らえば問答無用で全滅。
敵のHPは55000とかなり高いため、
アルテマ前に倒すことはかなり難しい。(運が良ければいけるけど)

というかある程度ダメージを与えると、
クエイクやメテオといった強力な魔法を使ってくるようになり、
アルテマじゃなくてもそっちで普通に死ねる。

そんな奴を倒すには、
やはりMP切れ待ち作戦が一番。
こちらから攻撃を仕掛けない限り、
敵はガ系魔法やサザンクロスしか使わないので、
そのままひたすら敵のMPが尽きるのを待つ。

だが奴のMPは19000。
当然アホみたいに時間がかかる。
また全ての攻撃を無効化することはできないので、
ハイポーションやフェニックスの尾も使いまくることになる。
つーか両方とも50個以上使った。

そして苦労の末「MPが足りない」が表示されたら、
「あばれる→リビングデッド」で残りのMPを吸い取って終了。
(アルテマバスターはMPが0になると死ぬ)

・・・あかん、やっぱこの戦法はめっさ疲れるわ。
[PR]

by sabasuke | 2008-05-01 23:13 | ゲーム

<< 青い青いこの地球に 聖母たちのララバイ >>