太陽は罪な奴   

どうもsabasukeです。爬虫類がカッコいいか気持ち悪いかで親と論争になりました。


<チューリップ>傘でなぎ倒す…防犯カメラの男公表 前橋

前橋市内で今月に入り、道端のチューリップが相次いで切り落とされた器物損壊事件で、県警捜査1課は24日、現場近くで傘を振り回してチューリップをなぎ倒している男が映った防犯カメラの映像を公表した。同課と前橋署は、この男の身元の特定を急いでいる。


ホント、一体何を考えてるんでしょうね。
まったく持って許し難い行為ですよ。
このアホめ! 土下座して詫びろ!!

ええ、今日はちょっときつめに言っちゃいますよ。
当たり前じゃないですか。

なぜなら、僕はかつて、
こういうことをするアホウのおかげで、




濡れ衣を着せられたことがあるのですから!!




あれは忘れもしない、
僕がまだ小学校中学年ぐらいだった頃の、
ちょうど今ぐらいの時季の話だったような気がします。

朝から降っていた雨が止み、
雲間からお日様が顔をのぞかせていた昼下がり、
僕は荷物となった傘をなにげ無しにブラブラと揺らしながら、
家へと続く通学路を独り歩いておりました。

そして、とある民家の脇の道を通りかかった時でした。
突然その民家の庭先にいた見ず知らずのおじいさんが、


「こらぁ!! いつも花をぐちゃぐちゃにしていくのはお前かぁ!!」


と怒鳴りつけてきたのです。

どうやらちょうどその頃、
おじいさんの大切に育てていた庭のお花が、
何者かの手によって無残に荒らされるという事件が頻発していたらしく、
たまたま僕が傘をブラブラさせているのを見たおじいさんが、
それを「花を荒らしているところ」だと勘違いしたようで、
ぶち切れて怒号を浴びせてきたわけです。

もちろん僕には身に覚えのないことでしたが、
まだ幼かった僕はおじいさんの迫力に押され何も言い返すことができず、
結局散々怒鳴られるだけ怒鳴られて、
疑いも晴れぬまま涙の帰途に着くはめとなりました。


おのれ! どこのどいつだか知らんが、
人が手間隙かけて大切に育ててきた植物を傷つけることの
罪の重さを理解できぬ馬鹿者めが!!
そんな奴は雨の日に道歩いてる時にトラックが横を通って
跳ねた水たまりの水を全身に浴びて泥だらけになってしまえ!!



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
502点。今日はさすがにミス多すぎた。そりゃ点伸びんわ。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「鬱金香」




正解は「チューリップ」でした。日本語読みは「うこんこう」。
意味は「庭に植える多年草。
     春、葉の間から出た茎に、赤・黄・白などの大形のきれいな花を開く。
     トルコ原産」


「お前どっちにつくよ?」
「オレは中立だから」
[PR]

by sabasuke | 2008-04-26 00:21 | その他

<< FF6 不確かな人生を送る者たち9 憧れのスレンダー・ガール >>