いつでも夢に花束を   

どうもsabasukeです。風邪引いてからよく耳に空気がたまります。


今日出掛ける前に身支度整えようと鏡を見たら、
なんかすっごい冴えない顔した男が映ってるわけですよ。

やっぱここんとこの体調不良の影響が出て、
いつの間にか生気の無い顔つきになっちゃってたのかなー、
なんて思ったんですけど、
よく考えたらもともと冴えた顔はしてなかった。


はい、というわけで、
今日も元気よくネタいってみよー!


えー、本日はですね、
僕が見た夢の話をしたいと思います。

僕は基本的に夢をほとんど見ない、
というか、正確には起きた時には夢の内容を
すっかり忘れさってしまっている人間なのですが、
そんな僕がですね、この夢だけは、
はっきりくっきりと覚えていたという、
とっても珍しい事態が起きたのですよ。

どんな夢かと申しますと、
まあ一言で言えば、




トイレでう○こをしていた夢です。




いやいや、また「う○ちネタかよ」と笑うなかれ。
だって夢の中でう○ちをしていたんですよ?
それって完全に「おもらしフラグ」じゃないですか!

あ、「フラグ」って一部の人にしか通じない言葉か?
つまり完全にお漏らししちゃう典型的パターンじゃないですか!

ホント、笑い事じゃありませんよ。
目覚めたとき僕汗びっしょりだったんですから。
おそらく無意識のうちに体が危険を察知して、
う○ちが漏れないよう必至に耐えていてくれたのでしょう。

既に僕がいい大人であったからかろうじて回避できたものの、
小学生の頃の僕だったら間違いなくアウトでした。
ふぅー、危ない危ない。


とりあえずね、皆様にこれだけは言っておきますよ。
こんなネタしか書けなくて本当に申し訳ございません。



今日のe-typingの腕試しレベルチェック結果
501点。ミスしすぎで死亡。人間欲を出すとろくなことにならんな。


今日の漢字クイズ。
次の漢字は何と読むでしょう?

「侍らせる」




正解は「はべらせる」でした。
意味は「そばに居らせる」


「だからさ、俺は言ったんだよ。そこはそうじゃなくてこうだって。じゃないと・・・」
「・・・そいつはもう喋らせるな」
[PR]

by sabasuke | 2008-04-12 00:28 | その他

<< FF6 不確かな人生を送る者たち3 引きこもる人々 >>