引きこもる人々   


「<引きこもり>平均年齢30歳超す 「親の会」331人調査」

全国引きこもりKHJ親の会(奥山雅久代表)の会員を対象に毎年行われている調査で、引きこもり状態にある人の平均年齢が初めて30歳を超えたことが分かった。新たに引きこもりとなる若年層がいる一方で、長期間にわたり引きこもりから抜け出せない30~40代の層が確実に増えている実態が浮き彫りになった。



そりゃまあそうだよね。
長期間引きこもって年を取れば取るほど、
だんだん引きこもりを抜け出すのは難しくなってくもんね。
逆に若い人たちは引きこもりから早く脱却できる可能性も高いわけで、
このままじゃ引きこもりも高齢化は止められないよなあ。


そういえばこういう話題になると、
「甘やかして面倒見ずに、突き放して強制的に自立させろ」
っていうような話をたまに聞きますが、
それは確かにある程度は正しいと思う。

実際それで引きこもりの半分くらいはうまく立ち直るんじゃなかろうか。
もちろんそれだけじゃ全てを解決できないから問題なんだけど。


僕はですね、「引きこもり」ってのは、
「高所恐怖症」みたいなものだとおもうのです。

高所恐怖症の人に対して、
「平気だから高いとこまで登ってこい」
と無理矢理高所まで登らせようとしたところで、
足がすくんで動けなくなるに決まっています。

それを強制的に高いところまで連れて行き、
「あとは自分でどうにかしろ」
と言い放って放置した場合、どういう行動を取るのか。

勇気を持って一歩を踏み出す人もいるでしょう。
何もできずにその場でうずくまってしまう人もいるでしょう。
あるいは恐怖のあまり気絶してしまう人もいるかもしれません。
もしかしたら混乱して転落してしまうなんてこともあるかも・・・

つまり単純に強制することで立ち直れる人ばかりだったら、
別に何も苦労はしないということですな。
っていうかいつかは必然的にそんな時が来るんだし。
考えなくちゃならないのは「それができない人」への対処です。

じゃあどのように対処するのが効果的なのか。
それを考えるのは・・・専門家の人たちに任せよう。


・・・あ、上記の「高所恐怖症的な例え」は、
あくまで僕がなんとなくそう思っただけであって、
別に根拠のある話ではございませんのであしからず。



そういえば僕がちょっと前から行ってる、
いわゆる「引きこもりたちの集い」のこと。

今度何人か新メンバーが加わるかもしれない、
なんて話を聞いたんですけどね、
まあつまり、全員「男」だということなんですよ。

ええ、もう「女性」が! とにかく「女性」が来てくれない!!
これじゃテンション上がらない! 激しくつまんない!!

くそう、なぜだ!? こんなに僕が心待ちにしているというのに!!
岐阜県在住の引きこもり女性の諸君!!
今こそ立ち上がる時だ! 僕は待ってるぞ!!
[PR]

by sabasuke | 2008-04-11 23:41 | 雑記

<< いつでも夢に花束を FF6 不確かな人生を送る者たち2 >>