ドラクエ6 魔物ニートプレイ7   

ドラゴンソルジャーの痛恨とフロストギズモの凍りつく息に
危うく全滅させられそうになりながらも何とかスフィーダの盾を入手。
ロンガデセオで鍛え終わったラミアスの剣を受け取りヘルクラウド城へ。

この後の4戦は全て主人公強制参加のため、
実質3人パーティーで戦うことに。
あー、邪魔くせー。

なお主人公にはあらかじめ棺桶になってもらってます。


vsヘルクラウド

敵から受けるダメージは賢者の石で相殺可能なので、
ルカナンで守備力下げて殴るだけ。


vsキラーマジンガ+ランドアーマー

最強のマジンガさん登場。
ここもやはり基本はムーディピエールのうけながし作戦。
前回と違いグリンガムを装備したスミスの攻撃も有効なので、
ラミアスの剣でバイキルトをかけて攻撃に参加。
ホイミンはひたすら賢者の石orベホマラー。
ランドアーマーは星のかけらで混乱させて放置。

だが所詮うけながしは敵にも当たれば味方にも当たるギャンブル技。
やがてホイミンが倒れ、スミスが倒れ、
ついにはピエールとマジンガの一騎打ちに。
先に2発攻撃を受けた方が負けという難局を見事乗り切り、
辛うじて勝利を収めました。


vsテリー

まずは世界樹の葉で仲間を蘇生。
その後はピエールがスクルト、
スミスがバイキルト攻撃、
ホイミンが賢者の石で完勝。
敵としても仲間としても弱い哀れな人です。


vsデュラン

戦う前にこちらを回復してくれる。
当然主人公も蘇生する。
FF4のルビカンテと並ぶ困ったちゃん。

戦法は先ほどと同じく、
ピエールがスクルト、
スミスはバイキルトかけて攻撃、
ホイミンは残りHPに応じて賢者の石orベホマラー。

いてつく波動を使ってくるので
こまめに補助呪文をかけ直す必要があるけど、
一撃当たりのダメージがマジンガよりも少なく、
1ターンで瞬殺される可能性がほとんどないため、
ぶっちゃけマジンガ戦よりもだいぶ楽でした。


そしてついにドランゴさんが仲間に。
最初からドラゴン職に就いているのですぐに辞職させます。
なおテリーは雷鳴の剣だけ奪ってさようなら。
[PR]

by sabasuke | 2007-12-18 23:07 | ゲーム

<< 未知数のワンダ やわらかな午後に遅い朝食を >>