ドラクエ4 武器装備禁止プレイ14   

ラスダンに突入。
でもラスボスは城を抜けた先にいるので、
賢者の石だけ入手してとっとと通り抜けます。

そしていよいよデスピサロ様と対決。

スタメンは勇者、アリーナ、クリフト、ブライ。
それぞれの役割は、
アリーナ→攻撃
クリフト→回復
ブライ→バイキルト+マヒャド
勇者→賢者の石+皆殺しの剣(ルカナン)

勇者には魔神の鎧を装備させて素早さを0にし、
確実に後攻で賢者の石を使用できるようにしておきます。


それではバトル開始。
といっても最初に皆殺しの剣で守備力下げたら、
あとは賢者の石を使い続けるだけ。
クリフトとブライは相変わらずザラキとメダパニ連発してるけど、
しばらくすれば学習して無駄撃ちしなくなるだろう、
と思ったのが間違いだった。

ある程度ダメージ与えて敵の形態が変わるたびに、
別モンスターとして認識されちゃうわけね。
ちょうどAIが学習したころに次の形態に移っちゃうから、
こいつら半永久的にザラキとメダパニ使い続けてるよ。

結局クリフトは回復や補助を一切行うことなく、
ザキとザラキだけでMPを切らした。
バカすぎるにも程があるぞ神官。

それでも何だかんだで最終形態までもっていったけど、
やはりザオリクの使えないパーティーには限界があった。
打撃+吹雪で勇者が殺されたところで詰み。
全滅してブランカ城まで戻された。
・・・そういや一回も教会でセーブしてなかったな。


この度の敗因はやはりクリフトをスタメンで起用したことだろう。
最終形態以外なら回復は勇者の賢者の石だけで十分だった。
クリフトはザオリク要員として馬車の中に入れておき、
誰かが死んだ時だけ外に出してやればよい。
代わりにマーニャを入れて攻撃力をアップだ。

ということですぐさまリベンジ。
先ほどの敗北時に学習しているため、
ブライもメダパニの無駄撃ちはせずすぐにバイキルトを使ってくれる。
これでますますダメージ効率アップ。

そしてあっという間に最終形態。
さすがに賢者の石だけでは追いつかないので、
ベホマズンも交えつつ回復を行います。
それでもやはり死者が続出。
そこで満を持してクリフト登場。
役に立ったクリフトを見たのは久しぶりだ。

しかし形勢はやや押され気味。
マーニャはMPが尽き役立たずに、
クリフトは殺されザオリク使用不能、
ついには勇者のMPもなくなりベホマズンも使えない。

だが彼らは決してあきらめない。
トルネコ以外の生き残っているものを総動員し、
最後まで死力を尽くして戦った。

そして、ついに、

「ライアン(素手)の攻撃!
 デスピサロに17のダメージ!
 デスピサロを倒した!」


ナイスいいとこ取り!


ということで武器装備禁止攻略終了。
クリア時の平均レベルは35~36でした。
一番高いアリーナ、クリフトが38、一番低いミネアが32。
このくらいだと簡単すぎず、難しすぎず、ちょうどいいバランスだな。
変な制限つけなくても「やや低レベルクリア」で十分楽しいかも。
[PR]

by sabasuke | 2007-11-18 23:10 | ゲーム

<< 明日に架ける橋 愛の食事 >>