バハムートラグーン プレイ日記13   

「第26章 神竜アレキサンダー」

セミファイナルバトル。
のわりに難易度はたいして高くない。

回復を使うヒールグレイブはバハムートで一撃だし、
HPの高いダークセプターには即死攻撃が効くし。
いあいぎりで3ユニットまとめて葬り去れた時はちょっと快感だった。

ボスのアレキサンダーさんも弱い。
全体攻撃は十分耐えれる範囲だし、
単体攻撃で一人即死したところで何の問題もない。
ナイト部隊が2、3回攻撃仕掛ければ終了。


「第27章 明日のみえぬぼくたち」

ラストバトル。
敵はアレキサンダーの頭4つ。
右上が回復担当、左上が攻撃担当、
左下が状態異常担当、真ん中が本体。
他の3体を倒さないと本体にはダメージを与えられないので、
回復→状態異常→攻撃の順に撃破していきます。

例によってビンゴかけたナイト部隊を突撃させるだけ。
今さら遠距離攻撃じゃダメージ不足だし、
うかつに直接攻撃仕掛けると回復の手間が増えるだけなので、
余計なことはしない方が楽です。
つまり主人公ビュウ、活躍の場無し。


はい、ま、そんなわけでね、
ラスボス弱かったよ。



そしてエンディング。
結局幸せになったのは誰でしょう?

なおエンディング最後の締めを任されたのは
ビッケバッケ君でした。
やはり主人公ビュウ、活躍の場無し。
[PR]

by sabasuke | 2007-10-28 22:52 | ゲーム

<< 心の戦士 最新伝説 >>