バハムートラグーン プレイ日記7   

「第13章 魔法都市ゴドランド」

マップ上の変な装置を壊すと、
魔物が出てきたりアイテムが手に入ったりする。
スレイプニルやニョルニムなど結構いい物が入手できるけど、
片っ端から壊して回ると無駄に戦闘回数が増える。
あー、うっとうしい。

だがそうやって出てくる魔物よりもうっとうしいのが、
マジックガードとブレイドガードの存在。
その名の通り魔法攻撃や物理攻撃を無効化しやがる敵です。
ウィザードもプリーストもワーロックもこいつの前では無力。
ドラゴンもMPが尽きるまで通じもしない魔法を連発する始末。
なんてウザイ野郎だ!

そこへ満を持して登場したのがランサー4人組。
今までほとんど活躍の機会がなかった彼らだが、
ここでついにそのチャンスが訪れた。
彼らが力を合わせて放つジャベリンの威力は、
現時点では我が軍の遠距離物理攻撃の中で最も強力なのだ!
その与ダメージは実に1600超!

つっても所詮射程が2しかないので、
敵に近づかないと使えないんですけどね。
でもまあこのマップでは見事敵を2体ほど撃破してくれたし、
微妙に役に立ってくれました。


「第14章 鳥の竜めざめる時・・・」

ここではライトアーマーのミストさんが加入。
だいぶ人数も増えてきたし、どんな編成にするか迷うなあ。

ここの戦闘マップ攻略は余裕です。
ボスの全体攻撃は少し強いけど即死するほどじゃないので、
ホワイトドラッグで回復しながら戦えば平気だし。
13章に出てきたザコ敵のディジーザーの方が強いんちゃうか?
ってか章自体の難易度が13章の方が上だな。
[PR]

by sabasuke | 2007-10-19 23:00 | ゲーム

<< 気絶するほど悩ましい 静寂はヘッドフォンの中 >>