バハムートラグーン プレイ日記4   

「第7章 神竜の伝説」

気付いたらサラマンダーのHPが7000超えてた。
キノコばっかり大量に食わせてたからか。
毒以外の属性はオール100になってるし。
ちょっとひいきして育て過ぎたかな。

この戦闘マップから自動砲台が登場。
うっかり正面に立っちゃうとダメージを受けてしまいます。
ってかあまりにも地味に配置されてるからよく見落とす。
もっと目立つようなつくりにしてくんない?
なお攻略自体は余裕でした。

戦闘後にもマップイベントあり。
ここでマテライトがマテ印グッズを売ってくれるようになります。
鎧は安価なわりに防御力が高い優れものなので、
ぜひ人数分揃えとくべし。

またここで新たな仲間3人とドラゴン1匹が加入。
これで6部隊編成が可能になった。
ただ新ドラゴンは能力がすこぶる低いので、
育てるまであまり戦力にはならない。
適当にランサー部隊とでも組ませとこう。


「第8章 ドラゴン空中戦」

ヨヨとセンダックからクッキーをもらう。
王女様がくれる失敗したクッキー、
ホモジジイがくれるおいしいクッキー、
あなたはどっちが欲しい?

この章の戦闘マップにはガーゴイルがたくさん。
1ユニットにつき1匹しかいないけどHPが高い。
ウィザードなんかの遠距離攻撃を使うよりも、
ナイトやアーマーで直接バトルを挑んだ方が簡単に倒せる。

もっともヴァリトラ召喚すればもっと簡単に倒せる。


「第9章 奇跡の大陸マハール」

ここのボスは帝国将軍レスタット。
いよいよ名前付き固有キャラの登場です。
でも状態異常攻撃使ってくるだけでたいして強くない。

このマップでは戦闘前の助言通り、
水門を開けて洪水を起こすことで、
敵の群れに一気に大ダメージを与えることができます。

しかし敵は回復魔法が使えるので、
あらかじめ味方部隊を敵の近くに配置しておき、
洪水を起こした後すぐに攻撃を開始しないと意味ありません。
ってことで意味なかった。
[PR]

by sabasuke | 2007-10-16 22:41 | ゲーム

<< 勝者としてのペガサス 太陽がくれた季節 >>