バハムートラグーン プレイ日記1   

「バハムートラグーン」
1996年にスクウェアから発売されたシミュレーションRPG。
バトルに負けても特にリスクなしで続行できるので、
ファイアーエムブレムのようにキャラが死ぬたび
「うぎゃあーーーー!! リセットーーーーー!!!」
なんてことにはならず、難易度はぬる目。

なおこのゲームのヒロインであるヨヨは、
「スクウェア三大悪女」の一人として一部の間で有名。


<大まかなあらすじ>

主人公であるカーナ王国戦竜隊隊長のビュウは、
ヒロインであるカーナ王国の王女ヨヨといい感じの仲。
しかしある日突然グランベロス帝国がカーナ王国を襲撃。
カーナ王国は滅び、ヨヨ王女は敵に連れ去られてしまう。
その後ビュウは仲間達とともに反乱軍を組織し、
ヨヨ王女救出のためにグランベロス帝国に立ち向かう。


という一見ありがちなストーリーですが、
そのまま帝国倒して王女を救出して
最後は二人仲良くハッピーエンド、
といかないのがこのゲーム最大のミソ。
他にも大人なネタが随所にちりばめられてたりして
なかなか面白い。


ま、講釈はこれくらいにしてゲーム始めますか。


「序章 カーナ城陥落」

ザコユニットが4体ほどいるだけのマップ。
何も考えずに突っ込んでくだけで余裕。
まあオープニングだしね。


「第1章 始動」

戦闘前のイベント時に、
マテライトの宝箱を開けると回想シーンが始まる。
ビュウとヨヨのデートの思い出だが、
ここでのヨヨの「サラマンダー・・・、とっても、はやいね」
というセリフや、二人が教会で交わした約束が、
後の悲劇により重みをつけることとなる。

で、戦闘マップ。
ここのボスは槍投げが得意なランツェリッターさん。
ってかまあ後々普通に出てくるようになるただのザコ。
序章より敵数が増えただけなのでまだまだ楽勝です。


「第2章 おれたちの夢みた伝説」

このあたりでビュウが部下からも女性からも
子供からもジジイからも慕われている、
とっても素敵な男であることが分かる。
倒れて苦しんでる女性のお薬取っちゃうような男だけど。
でも彼が惚れたのは残念ながら王女様なのでした。

戦闘マップ。
前章とたいして難易度変わらず。
サラマンダーが辺り一面火の海にしちゃうけど気にしない。
[PR]

by sabasuke | 2007-10-12 23:25 | ゲーム

<< 偽りの花園 小麦色のラブソング >>