ドラクエ1 たけざおで竜王を倒しに行こう2   

ギラを駆使してマイラの村までやってきたさばすけは、
早速名物の温泉で疲れを癒します。

この温泉の一番の目玉は、
温泉そのものではなく付属のサービスにあります。
サービスを受けるためには特別料金が必要ですが、
しっかりと疲れを取るためにもここはいたしかたありません。

・・・ふー、極楽極楽。


温泉から出て数歩歩いたところで、
さばすけはとある笛を拾いました。
どうやらこれは妖精の笛という重要アイテムのようです。

地面に落ちていた過去に誰が吹いたかも分からない笛を
この先自分が吹かなきゃならないのかと思うと
ものすごく嫌な気分になりましたが、
世界平和がかかっている以上拒否することはできません。
つくづく勇者とは損な役回りだと実感しました。

その後しばらくお金を稼ぎ、
鉄のよろいを購入したらリムルダールへと向かいます。
沼地の洞窟は無灯火で余裕の突破。

リムルダールでは魔法のカギを購入。
どんな扉でもたちどころに開けてしまう使い捨てのカギ。
鍵屋自体がとても分かりにくい場所にあることを考えると、
おそらくこれは一般的には知られていない、
裏の仕事をしてる人たちの間に流通しているカギなのでしょう。
竜王の存在に関わらず思ったよりこの世界は治安が悪いようです。

そんな魔法のカギを使ってお城の宝物庫や
一般人経営の宿屋の奥に保管されていた宝箱を
片っ端からかっぱらっていくさばすけ。
心が痛みますがこれも世界平和のためにはやむを得ません。
いつの時代も平和は人々の犠牲の上に築かれるのです。


ほとぼり冷めるまで岩山の洞窟にでもこもってくるか・・・。
[PR]

by sabasuke | 2007-09-19 23:08 | ゲーム

<< 眠らない街に流されて ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら >>