ロマサガ3プレイメモ 珍獣編4   

それじゃ今日もはじめましょう。ロマサガ3プレイメモ。

まず向かったのは魔王殿。今回は宝箱回収が目的です。いん石のかけらがないと防具開発が進まないので。所々でドラゴンやら巨人やらが宝を守っていますが、たいした相手でもないので軽く蹴散らして進んで行きます。ぐるっと一周してきた時点でまだ余裕があったので、アラケスを倒すことに。

全員にブレードロールの見切りをつけたら、いよいよアラケスと戦います。見事に毎ターン大回転を使ってくるアラケス、バカなんでしょうか。結局誰一人瀕死になることもなく3ターンで撃破。一つ目のアビスゲートを閉じました。

次はツヴァイクのトーナメントに参戦。初戦の相手はマーリンズ。千葉ロッテマリーンズとは関係ありません。水棲系モンスター軍団です。弱いのでカタリナ一人で楽勝。続いての相手はドラゴンズ。やはり中日は関係ありません。今度は強敵です。副将として出てくるレッドドラゴンが。さすがに一人では勝ち抜けず、三人目のボストンで何とか撃破。火の地相になって自動回復されたら負けてたかも。準決勝は超女軍団。是非お近づきになりたい軍団・・・ではないですね。カタリナ全員抜きで勝利。決勝の相手はゴブリンズ(強い方)。カタリナが大将のマスタードビーに敗れるも、二人目の妖精で勝利。見事優勝です。賞品はゴールドメダル。いらねー。オリンピックだったら凄いけど、このメダルはいらねー。

これでポドールイへ行けるようになったので、早速レオニード城へ。いつものように宝を回収しつつ奥へ進みます。そして待ちかまえるのは強敵ヤミー。戦闘開始です。1ターン目、敵の攻撃でいきなりカタリナが魅了される。神秘の水で治療したところへぶちかまし。しかも2ターン連続で使ってきた。生き残っているのはカタリナ一人。その後4ターンほど粘りますが敗北。やり直しです。2戦目、今度は電撃などのしょぼい攻撃しかしてこなかったのであっさり撃破。結局運次第ですか。そして聖杯入手。ついでにレオニードを仲間にしてみる。使う予定はありません。

ここで洞窟寺院跡へ。もちろん狙いはアスラです。まだ出現しなかったので、何度か悪魔系モンスターを狩ります。十数回戦ったところでアスラ出現。技閃きタイムに入ります。使用している武器(剣、大剣、槍、弓、体術)の最強技を一通り閃いたら(地ずり残月とミリオンダラーは覚えなかった)、洞窟寺院跡を後にします。ボスは面倒なので放置。

次に向かったのは腐海の廃墟。お目当てはウィルガードです。使えるかどうか分からないけど。それを守っているのはまたまたドラゴンルーラー(緑色)。普通に強いよ。覚えたばかりの最強技を駆使してかろうじで勝利。三人戦闘不能になってた。

どんどん行きますよー。お次はルーブ山地のグゥエインに会ってきます。グゥエインと話をつけ、協力して四魔貴族のビューネイを討つことに。カタリナがグゥエインの背に乗っていざ大空へ。ビューネイとバトルです。攻撃はほとんどグゥエインが受けてくれるのでこちらは全くの無害。楽勝でビューネイ撃破。四魔貴族(影)よりドラゴンルーラーの方がよっぽど強いです。

町に戻ってパブで話を聞くと、「グゥエインがふもとの村を滅ぼした」との情報が。再びル-ブ山地へと向かいます。なぜそんなことをしたのか聞くと「竜の宿命だ。止めたいなら力づくでかかって来い」と言います。仕方なくグゥエインとバトル。グゥエイン自体はたいしたことないので2ターンで楽々撃破。そして戦闘後のグゥエインのセリフ。「母の気持ちがようやく分かった。滅び行く定めならば、せめて友の腕の中で」・・・なんて悲しい話。流れる音楽も悲しい。グゥエインから手に入れた竜鱗で竜鱗の剣を作ります。もちろんエンディングのことを考えて。

今日はここまで。後は一気にストーリー進めるだけかな。
[PR]

by sabasuke | 2006-02-02 00:10 | ゲーム

<< 政治について思ってたこと 2月 >>