TOD2 グミ嫌い一行の冒険記2   

未来から現代へと戻ってきたところで
ぺったんこ聖女様が一時離脱。
その間はジューダスを操作キャラにしてプレイしました。

術メインで彼を使ったのは初めてですが、
シャドウエッジ→ブラッディクロスや
プリズムフラッシャの使い勝手がよく、
かなりの優秀さんでした。
というか彼のHPの低さを考えると
術専門にキャラしちゃうのもありかもね。
SB時だけ技使って秘奥義。

ところで今「ぶらっでぃくろす」と打ったら
「ブラッディ黒酢」と変換された件について。

なんかすっごい怖い黒酢。
ブラッディマリーと黒酢を混ぜた飲み物作ったら
そんな名前付けられるのかなー、などと思いつつ、
念のためググってみたら本当にあった。
世の中まだまだ知らないことがいっぱいあるや。

エルレインとのバトルはいつも通り
カイル前衛ほか昌術で問題ありませんでした。
ブラッディ黒酢にまみれてエルレイン様退場。

そしてついに強敵グラシャラボラスとの対決です。
なんといってもスナイパーストームが凶悪。
連発されると術詠唱もままなりません。
このスナイパーストームをいかにして防ぐが、
それがこの戦闘の鍵になります。

と、戦い始める前は思っていたのですが、
実際はものっすごいあっさりと勝てちゃいました。

というのもですね、たしかにスナイパーストームは
敵との距離に関係なく予備動作もほとんどなしで
後列で術詠唱してるキャラめがけてぶっ放してくる
凶悪な攻撃であることには違いありませんが、
攻撃範囲はそう広くありません。

今回の場合、前衛カイル、後衛にロニとジューダスがいたのですが、
例え敵が後衛にスナイパーストームで攻撃してきても、
ちょうど前衛と後衛の中間にいるリアラ(操作キャラ)には当たりません。
つまりリアラは敵の攻撃を気にすることなく昌術使い放題。
結局特に押し込まれることもなく普通に撃破。
・・・あれ? なんか計画が狂ってきたぞ?

改変時代でダンタリオン+セージ×2とバトル。
この戦闘ではなぜかカイルがSP無いのに敵に突撃してって
ガードストライクされて勝手に自滅しやがります。バカか!
仕方ないのでこまめにグミを使いつつ、
出来るだけ昌術で敵を足止めしながら、
カイルが死なないよう注意して戦いました。
セージ2人倒すまでがしんどかっただけ。
ダンタリオン1人になったら余裕でした。


・・・うーん。
こうなったらもうバルバトス様に期待するしかないか。
[PR]

by sabasuke | 2007-06-14 23:37 | ゲーム

<< オレって天才だぜ 夕焼け空にサヨナラ >>