ミンサガ 竜人障壁全開プレイ日記10   

今日はまだ行ったことのない場所へ行ってみようと思って、
カクラム砂漠に足を踏み入れてみたの。
特にイベントも無いくせに無意味にだだっ広いマップね。
移動するのが面倒なだけだからやめて欲しいわ。

しばらく砂漠をさまよってたら、
私突然流砂に飲み込まれちゃって大ピンチ!
幸いにも浅い流砂だったみたいだから助かったけど、
ずいぶん遠くまで流されちゃったわ。
っていうか「流砂」ってあんな豪快に流れてるものだったかしら?

運ばれた先で目にしたものは、
おそらく古代に建てられたのであろう建造物の廃墟だった。
私たちは恐る恐るその遺跡の内部へと侵入し、
道行くまま地下へ地下へと進んでいったの。

そして、目の前に現れた驚くべき光景。
砂漠の地下に存在していたのは広大な町。
そこにいた人々はタラール族。
そう、この十数年の間、
ずっと地上で私と一緒に暮らしてきた人たちがそこに居たの。
もちろん私のおじいちゃんも。

・・・おじいちゃん、
家族に黙って勝手に引越するなんて、あんた最低ね!
まあプレイ日記1で村を飛び出して以来
一度も戻ってなかった私もなんだけど。

とにかくトパーズと大地の剣を手に入れて
私たちは地上へと戻ったんだけど、
そこであのストーカー女に捕まっちゃったの。

船に乗せられてどっかの海まで連れてかれて、
いきなり船から海の中に突き落とされて、
しかも魔物がはびこる危険な神殿に
運命石があるから取ってきたいんだけど
自分は危ないから中には入らないとかぬかすマリーン。
この女いい性格してるわね。

神殿内の財宝を片っ端から頂いてもいいという条件で、
私たちはマリーンの頼みを引き受けた。
確かに中にはウコムの矛をはじめレアアイテムがいっぱい。
結構いい取引だったかもね。

ブラックダイアを守っていたのは守護獣さん。
二つの月の神殿の守護獣さんはゾディアックって名前をもらってたのに、
この人(カメ)はそのまんま守護獣さん。
スタッフさん、いくら面倒だからって、
もうちょっといい扱いしてあげてよ。

帰りにミニオンのストライフさんともバトル。
水中なのに容赦なくヘルファイアを使ってくるわ。
そういえばオリンピックの聖火も水の中で燃え続けてたっけ。
よく分かんないけど科学の力ってすごいわね。

道中だいぶザコ敵とバトルしてゲームランクも上がったから、
ゴールドマイン道場で氷昌獣先生に教えを請うことにしたの。
でもね、ここでおもわぬ誤算。
いつもなら技を覚えた後わざと負けてすぐ再戦するんだけど、
今回は竜人障壁のおかげで負けられないのよね。
結局一回戦うごとにゴールドマインから出なくちゃならなくて、
さらに途中で獣人とのバトルも挟まるからすっごい面倒。

ともかく現在修行の真っ最中。
ひょっとしたら明日は一日中ここに入り浸ってるかも。
[PR]

by sabasuke | 2007-06-06 23:39 | ゲーム

<< 謎が謎を呼ぶ 君に捧げるほろ苦いブルース >>