ミンサガ 竜人障壁全開プレイ日記4   

「降りかかる火の粉は払わねばなるまい」
そんなタイラント師匠のシャレの利いたセリフもそろそろ聞き飽きてきたから、
私たちは道場を後にしてメルビルに向かったの。
次はこの町で起こっている謎の変死事件と宿屋の娘失踪事件を解決よ!

っていうかメルビル警備局の人、
いきなり訪れた見知らぬ旅人に事件の調査を頼むとかいったい何考えてんの?
職務怠慢も甚だしいわね。

聞き込みで得た情報を基に私たちはメルビル下水道内部を調査。
そしてついに事件にはサルーイン信仰のカルト集団が
関わっていることを突き止めたわ。
事の発覚を恐れた奴等は集団で私たちに襲い掛かってきた。
でもタイラント師匠に教わったブレードロールの前にあっけなく散っていったの。
ふふ。敵じゃなかったわね。

・・・ただ一つ心配なのは、彼らが「お宝の地図」を落としていったこと。
もし犯罪集団じゃなくてただの埋蔵金発掘隊の人たちだったらごめんなさい。

続いてはアルツールへ。
武器屋でアイスソードが売り切れていることを確認したら、
街角でひっそりとたたずんでいるガラハゲさんに事情を話して
アイスソードを譲ってもらったの。

もちろんガラハゲさんもタイラント師匠のところまで連れて行くわよ。
大金はたいてやっとの思いで購入したアイスソードを、
問答無用でタイラント師匠にぶんどられた時のガラハゲさんの顔は見ものだもの。
「長いものには巻かれるしかない」っていう世の中の現実を
とっても分かりやすく示してくれるシーンよね。
子供達、よく目に刻んでおきなさい!

そのまま一連のお使いイベントを終わらせておいた。
タイニィフェザーさんに火神防御輪を渡して疾風の靴をゲット。
さらにそれをグレートピットのアディリスさんに渡して雨雲の腕輪をゲット。
水竜さんにはまだ会えないからこのイベントはとりあえずここまでね。
ところでアディリスさん、あなた蛇のくせにその靴一体どうする気?

次はバルハルモンスター。
3つの洞窟に行ってモンスターを倒すだけのイベント。
まあちょっとしたジュエル稼ぎイベントね。

さて、ここまで終えた時点でのゲーム進行度はまだ5%。
・・・ぜんっぜん進んでないわ。
ザコ全避けしちゃってたからなあ。
もうやること無いんだけど。

・・・あっ、そうだ!
まだ「種族調整イベント」が残ってたじゃない!
やっぱり困った時はタイラント師匠ね!

ということでしばらく火山や草原でモンスター狩りを行い、
見事植物系モンスターの繁殖に成功!
師匠からご褒美に君主の大斧を貰ったわ。
うちのパーティー両手斧のスキル持ってる人いないけどね!
ま、この武器の醍醐味は召喚だから関係ないんだけど。

そして進行度の方もやっと15%に到達。
これでまた新たなイベントが始められるわ。
さあ、次はどこから手をつけようかしら。
[PR]

by sabasuke | 2007-05-31 23:33 | ゲーム

<< 君が訪れる日 真夜中のヘッドラインニュース >>