FF10-2 プレイ日記9   

マカラーニャ湖で旅行公司の安全確保イベント。
つってもザコ6連戦があるだけ。
魔物に襲われ命を落としたアルベド族(債権者)に
借金を返せなかったことを嘆くオオアカ屋。
ダメだ。このオッサン真面目すぎる。
商売人には向いてないわ。
いい奴だけど。

続いてビーカネル砂漠のサボテンダー自治区へ。
世にも珍しい喋るサボテンのマルネラさんと会話。
通訳はサボテンの言葉が分かる少年ベンゾ君。
六浪して大学に入ったビン底メガネがトレードマークの
かなり頼りないお兄さんのことではない。(←それは勉三さん)

その後幻光河、雷平原、グアドサラム辺りをうろうろ。
幻光河では特にイベントはないのでトーブリと話をしておくだけ。
雷平原ではリアンとエイドに遭遇しておきます。
彼らの名前をつけた人はロッキーファンだったに違いない。
グアドサラムではスフィア上映会。
エンディング変化に関与する重要なイベントです。
でも印象に残ってるのはユウナのお尻激写のシーンだったり。
この辺でサノーにちょっと親近感を覚えた。(ムッツリ仲間として)

続いてロンゾ族の侵攻阻止イベント。
ガガゼト山の山頂でガリクと戦います。
でも弱い。ザナルカンド遺跡で遭遇した
ザコ敵のあばれオチューの方がよっぽど強い。
ロンゾの次代を担う若者代表のガリクが
この程度の実力ではキマリもさぞやガックリでしょう。
・・・あ、一応ダジャレのつもりよ。

ナギ平原谷底の洞窟で観光客救出イベント。
途中の戦闘でいつの間にかユウナが経験値0状態になってたけど
気付かずにしばらくそのまま戦闘しててすごく損した気分になりながらも、
逃げ遅れた人全員を救出して祈り子の間でようじんぼう戦。


負けた。


こんなところでまさかの初ゲームオーバー。
完全にあなたのことナメてました。
ギルガメッシュのパチもんとか言ってごめんなさい。
ちなみに負けた経緯は、
斬魔刀で全員HP1→事前に受けていた毒で2人死亡→ダイゴロウでとどめ
というお決まりのパターンでした。

その後毒防御のアクセサリーを装備して再戦。
途中でアイテム使おうとして誤って「みちづれ」を使ってしまい、
ユウナが戦闘から離脱するというボケもやらかしましたが、
何とか勝利しました。

次はビサイド村へ。
話を進める前にサーチスフィアイベント。
「1」と「7」の区別が付きにくいとか、
最後の数字の「0」と「9」が逆になってるとか、
色々文句を言いたくなるイベント。
特に後者。初回プレイの時これのおかげで
どれだけ苦労させられたことか。
くだらんバグ残しとくな!

ビサイド寺院でヴァルファーレとバトル。
ようじんぼうのような嫌らしい攻撃はしてきません。
フロリーヒールで回復しながら戦うだけで余裕。
どうでもいいけどヴァルファーレのシューティング・レイを
見てたらギャオスを思い出した。
超音波メスってあんな感じだったっけか?


今日はここまで。
明日中にSLV4には突入できそうかな。
[PR]

by sabasuke | 2007-05-02 23:41 | ゲーム

<< 風に戸惑う弱気な僕 痛壊ズキズキ通り >>