FF10-2 プレイ日記6   

特に意味は無いけどベベルに立ち寄ってみた。
「青年同盟の味方を通すわけにはいかん」
って言いながら僧兵がいきなり襲い掛かってきた。

通すわけにはいかんのは分かるけどさ、
なにも銃持って襲い掛かってくることはないんじゃない?
通せんぼするだけでいいじゃん。
ったく、シンを倒した時は「召喚士様ー」なんつって
さんざん褒め称えて持ち上げたくせに、
今やその時の恩も一体どこへやら。

結局人間ってのはその時々において
自分に都合のいいものだけを求め、
都合の悪いものは排除しようとする
自分勝手な存在なのさ!(←荒んだ考え)

そんな頭の固いベベルの僧どもは放っておいて、
次は青年同盟本部のあるキノコ岩街道へ。
こっちはこっちで露骨に喜びすぎ。
どいつもこいつも偏ってるよなあ。

まあ人間批判はどうでもいいので、
谷底でヌージからアカギスフィアをもらい、
宝箱から光の腕輪をゲットしたら次の場所へ。

続いては幻光河でトーブリのイベントのチケット販売をお手伝い。
子供のなけなしのお小遣いを容赦なく巻き上げるユウナさん。
・・・ふん! 情けなんてかけてたらお金は儲けられないのよ!

次はザナルカンドでサルたちの恋をお手伝い。
12組のサルのカップルを成立させてあげます。

え? サルの恋の世話を焼く前に、
現実の世界で自分の恋人見つけたらどうだって?

・・・うっさい!!

続きましてジョゼ街道ー。
スペシャルドレス「フロラフルル」を拾う。
人が落とした物だけど拾ったのは私だからもう私の物。
どんなジャイアンだ。

そのままウノー+サノーとバトル。
既にアイテムシューターが「メガポーション」を覚えているので、
これを使いまくっていれば負けることはありません。

その後ビーカネル砂漠でサノー、
ガガゼト山でウノーとそれぞれバトル。
当然ガガゼトでは温泉イベントを堪能。
あの水着ってのはいっつも持ち歩いてるんですかね?
まあリュックの場合普段の衣装が既に水着だけど。
むしろ水着よりギャンブラーの衣装とかの方が恥ずかしいけど。


これでショッカーの戦闘服が3着集まったので、
後はアジトに潜入するだけですが、
その前にチョコボ派遣とか発掘作業とか
ウイングスロット(←息抜き)などを行って今日は終了。
明日中にSLV2が終わるかどうか微妙だな。
[PR]

by sabasuke | 2007-04-29 23:30 | ゲーム

<< 湯ートピアは見えてるのに 踊る鳥と金の雨 >>