FF10-2 プレイ日記4   

キーリカに到着。
ここで青年同盟の盟主ヌージが登場。
でも僕はやっぱりヌージの言葉に賛同するヌージストよりも
ヌーディストの方が好き・・・あ、いや、何でもないです。

キーリカ寺院へ続く検問では例え大召喚士様といえども
正しい合言葉を言わないと通してはもらえない。
厳しいくらいに職務をまっとうする僧兵さんたちだ。
そしてその姿勢は正しい。
ルブランみたいにそっくりに変身できる奴もいるからな。
顔パスで中に入れるテレビ局の警備なんてざるだ!(←何の話だ)

ゼロ式機士とバトル。
とりあえずブラインを使って暗闇状態にしてみた。
しかしブラストパンチやダブルアタックは暗闇無視っぽい。
かなり意味が無かった。

他には特に対策などは何もしていなかったので、
ケアルラで回復しつつ地道に攻撃を加えて撃破。
素直にブレイク技使って戦った方がきっと楽だったな。

ストーリーレベル2に突入。
まずは宴会。ユウナが歌とダンスを披露してくれます。
「ユウナの歌ってなんか微妙だよね」
「そんなことゆうな!」

すっごいスフィアは青年同盟に返した。
なんでって、それは、ほら、アレだよ。
新エボン党には(露出のある)女の子いないし。

その後ショッカールブランのアジト潜入作戦開始。
戦闘員を見つけて服を奪い取ろう!
羽付き帽子と一緒に服ごと盗むことが出来る
FF6のロックがいたら楽なのに。

あ、でも必要なのは「女性」の服か。
ってことはもしロックがいたら・・・ハァハァ(←どうか殴って下さい)

まあ服集めは後でやるとして、
まずはグアドサラムへGO。
情報を売買して大儲けじゃ!
本当は10万ギルで売りたかったんだけど、
なかなか出なかったから8万ギルで妥協しました。

その金を使ってオオアカ屋の借金を返済。
感激したオオアカ屋は恩返しにと、
なんと定価の9割引きでアイテムを売ってくれます。
それを利用し、オオアカ屋で購入→マスターの店で売却
を繰り返して資金稼ぎ。
調子に乗って50万ギルも稼いでしまった。

・・・絶対返済前よりオオアカ屋の借金増えたな。

次はビサイドでガンシューティングゲーム。
数回挑戦して2800以上のスコアを出しアダマンタイトを入手。
安全地帯とVALLEY弾をうまく使えば結構簡単だ。

続いてはルカでテレビ出演。
シェリンダは常にカメラ目線を心掛けるリポーターの鏡ですが、
素早くカメラを切り替えてるとたまに横向いたままになる。
ふふん。まだまだ甘いな。


今日はこんなとこで。
うーん、相変わらずペースが遅いなー。
[PR]

by sabasuke | 2007-04-27 23:13 | ゲーム

<< あの日あの時あの場所で モンバーバラのおしまい >>