FF10 プレイ日記11   

vsシンのみぎうでandひだりうで
ヘイスガ+連続魔(フレア×2)+ホーリーで終了。
わざわざ近づいて戦う必要もない。
ダメージ受けたら薬の知識+アルベド回復薬すればいいだけ。

vsシンのコケラ:グナイ+シン(コア)
開始早々連続魔(フレアもしくはファイガ)とホーリーでグナイを瞬殺。
コアはグラビジャ以外にはカウンターで
初級属性魔法を使ってくるだけなので、
落ち着いて回復しながら戦えば問題なく勝てます。

vsシン(あたま)
敵のゲージがたまる前に倒さないとゲームオーバーなので、
ヘイスガは必須。まあこの戦闘に限ったことじゃないけどね。
また石化攻撃をしてくるので防具は石化防御付きにしておきます。

こちらの攻撃は先ほどまでと同じく連続魔とホーリーがメイン。
敵に十分近づいたらアーマーブレイク+打撃も加えて速攻。
ある程度鍛えられたパーティーなら余裕でしょう。
鍛えてなかったらアイテムと召喚獣で何とかしましょう。

シンの体内に突入。
さすがにラスダンだけあって出現するザコ敵も強敵が多い。
特にキングベヒーモスとかキングベヒーモスとかキングベヒーモスとか。
ファイナルアタックで使ってくるメテオの威力がシャレにならん。
HP5000ぐらいあっても普通に即死するし。
1人はプロテスかけとくか逃がしとくかしないと全滅しかねん。
まあカウンターで倒せばメテオは防げるんだけどね。
カウンター待ってる時に限って尻尾でばっか攻撃してきたり。

シーモアとの最終決戦。
生身→異体→終異体と着実に進化し力を付けてきたシーモアが、
ついに最終異体となって見事に弱体化しました。

背後の幻光天極の色で使ってくる魔法が分かるので、
バ系の魔法で対処してやればさほど被害は受けません。
アルテマという強力な魔法も使ってきますが、
アルテマの前には必ずデスペルを使用して合図してくれるので、
召喚獣を盾にするなりして回避しましょう。

ここではストーリー性も考慮してアニマでとどめを刺した人も多いはず。
僕もそうした。ってか2万弱のダメージが出てあっさり散った。
母様容赦なし。

そしてついに実質的なラスボス、
ブラスカの究極召喚獣とバトル。
防具はここでも石化防御付きがオススメ。
どうせ最後なのでラストエリクサーでも何でも
アイテムは惜しみなく使っちゃいましょう。

敵の攻撃は強力なものばかりなので、
とりあえず体力の秘薬で最大HPを2倍しときます。
さらにリュックの調合でマイティGグレートを使い
ガチガチに補助魔法で固めたら、
後は持ち得る限りの最強の攻撃を繰り出すだけ。
ティーダの話すは2回までしか効果がないので、
必要な時までとっておいた方がいいかも。

ちなみに最初はカルテット99を使って
オーバードライブや魔石で瞬殺しようかとも思ったけど、
さすがにそれじゃかわいそうなので普通に戦いました。
面倒な方はどうぞ。

その後召喚獣戦やエボン=ジュ戦もありますが、
これらの戦闘はオートリレイズがかかっていて
(普通にやってれば)絶対負けないイベントバトルなので安心。
つーか召喚獣の出現シーンが短縮されなくてウザイ。
召喚獣はホーリーで、エボン=ジュはゾンビアタックで
ちゃっちゃと倒したら感動のエンディングへ。


はい、ということで久々のFF10プレイは終了です。
sabasukeさん、どうもお疲れ様でした。


それでは最後に感想。

・アーロンおじ様は最後まで素敵だった。

・ビサイド・オーラカの見事なまでの動きのそろいっぷりは、
 ブリッツではなくシンクロ向きだと思う。

・キマリ冷遇されてない?
[PR]

by sabasuke | 2007-04-23 23:41 | ゲーム

<< 誰が為に腹は鳴る ロンリーチャッ・プリン >>