たばこ   

某未成年アイドルの喫煙問題が
世間を騒がせているようでありますが、
そんな中で知った驚愕の事実。

未成年者が喫煙をしてはいけないことは周知の事実ですが、
法律上罰が科せられるのは、
「未成年者と知りながらタバコを販売した者」
「喫煙していることを知りながらそれを止めなかった未成年者の保護者」
だけであって、喫煙した未成年者自身が
刑事処罰を受けることはないそうです。

へー、知らんかった。

まあ確かにね、未成年者による喫煙が
罰するほど悪いことなのかというと、
なかなかそうとは言いにくいところがありますよね。

そもそもなぜ未成年者がタバコを吸ってはいけないのかというと、
「成長期の喫煙は健康上よろしくないから」
というのが主な理由であるのです。
つまり喫煙者自身が不健康になるからやめろと言っているのであり、
別に他人に害を与えるからダメだとかそういうことではないのです。

だったらね、未成年者による喫煙もね、
リスクを覚悟の上でやってるんなら
その人の勝手にすればいいんじゃない?
という気持ちも僕のどっかにあります。
程度の違いこそあれ健康に悪いのは成人だって同じだしね。

受動喫煙の問題は成人だろうが未成年だろうが同じだし、
大体不健康だから悪いと言うならば、
生まれた時から成長期に至るまで
親の吸うタバコの副流煙を散々吸わされ続けてきた
僕だって十分不健康に育っていると思われますが、
だからといって僕の親が法に触れているわけではない。
マナーは悪いけど。

ですから子どもの健康を考えて喫煙を禁止するなら、
子どもの前で大人が喫煙することも禁止しなきゃダメですよね。

とまあこんなことを言っていると、
僕が未成年者の喫煙を認めているように聞こえるかもしれませんが、
僕自身は生まれてこのかた一度もタバコを吸ったことが無い良い子です。
ぶっちゃけタバコは苦手です。
未成年とか成人とか関係なく吸わないにこしたことはないです。


なんやかんや言ったところで、
未成年者の喫煙が違法であることは事実なので、
それを行えば例え罰則は受けなかったとしても
社会的信用を失うことは確かですな。
[PR]

by sabasuke | 2007-03-27 23:41 | 雑記

<< 野に咲く花のように FF12 プレイ日記15 >>