おすすめ漫画   

僕は漫画が大好きなんですよ。皆さんも漫画読んでますか?僕がいつも読んでいるのは週刊少年ジャンプです。昔から買ってるから。なかなかやめられません。続き気になるし。もちろん載ってる漫画は全部読んでますよ。お金払ったぶん元取りたいんです。

ジャンプにも面白い漫画は沢山ありますが、今回は別の漫画の話をしたいと思います。僕が個人的に好きなのをいくつか紹介します。

「MASTERキートン」
これは僕の考え方に影響を与えた作品でもあります。といっても考古学が好きだとか、夢に向かって頑張ることが大切だということではありません。もちろんそれも大切なんですが、一番影響を受けたのは「人生を楽しむ」ということです。自分の好きなことをやるから楽しいのではなくて、どんなことでも楽しんでやることができる。これこそが理想。それがマスター・オブ・ライフ。もっとも僕にはまだまだ雲の上の話です。

「家裁の人」
タイトルの通り家庭裁判所の話です。主人公の桑田判事が様々な問題を抱えている人に対してどう接するのか。問題に対する考え方、人それぞれが持つ悩み、そして世の中の矛盾。色々と考えるところが多い作品です。

「総務部総務課山口六平太」
これもそのまんま、企業の総務部総務課で働く山口六平太さんのお話です。彼の物事に対する柔軟な姿勢と考え方には学ぶべきところがあり、あこがれるものがあります。ちなみに僕は主人公が活躍する、まわりに認められているという話が好きです。この漫画も比較的そういう話です。

「おれは直角」
小山ゆう先生の漫画です。直角というのは主人公の名前。その直角君が色々と騒動を巻き起こしていくわけですが、やはり一番いいのはラストのシーンです。感動します。危うく泣くところでした。同じく小山ゆう先生の「がんばれ元気」も好きだなあ。

「あずまんが大王」
深夜にテレビでやっているのを見てはまりました。面白いです。何がどう面白いかと言われてもよくわかりませんが何か面白いです。こんなノリ大好きです。

「花田少年史」
これも深夜にテレビで見てはまりました。別に相撲の話ではありません。笑いと涙のストーリーです。ありがちといえばありがちな話かもしれないけど素直に感動できます。やはり泣きそうになったのをこらえながらテレビ見てました。涙もろくなってきたのは年のせいかなあ。

まだまだいっぱい好きな漫画はありますが今回はこれくらいにしときましょう。長くなっちゃうし。

え?活字だけの本ですか?そんなものここ10年で2冊ぐらいしか読んでないですよ。
[PR]

by sabasuke | 2006-01-24 02:37 | 雑記

<< 堀江貴文社長逮捕 ロマサガ2日記 その6 >>