雪が降ったときは   

今日僕の地元では雪が降りました。一瞬だけ。いや、別に珍しいわけじゃないですよ。この前もさんざん降って積もったばかりだし。

とまあこっちではたいしたことなかったんですが、関東の方では昨日結構降ったみたいですね。二百人以上の方が怪我をされたとか飛行機が飛ばなかったとか被害も出たようです。

しかし雪が降ると大変ですね。事故は多発する、交通機関は麻痺する、さらには重みで家がつぶれたりすることもあります。特に社会人の方には雪を嫌う人も多いでしょう。まあ当然のことです。

でも嫌なことばかりではありません。スキーやスノボーを楽むことができます。単純に家の前で雪だるまを作ったり雪合戦をしたりして遊ぶことだって出来ます。そんなことをしても楽しくないですか?なぜでしょう。子供のころは雪が降ると嬉しくてはしゃいだ人も多かったはずです。雪を楽しんでいたはずです。別に大人になったからといってはしゃぐのをやめる必要はないんです。大人も雪遊びしたっていいんです。

もちろんそんな気分になれないというのも分かります。雪に迷惑をかけられている人は沢山います。だからといって文句を言っていても何も解決しません。それどころか言えば言うほど苛立ってくるだけです。そんなのは絶対損です。だったらいっそのこと楽しんじゃいましょう。ほかに何も出来ることがないのであれば、みんなで遊んじゃいましょう。

とまあそんなに簡単に割り切れたら苦労はしないわけですよね。それでも何とか頑張ってそう考えるようにして下さい。じゃないと寂しいじゃないですか、僕が。夜中に独りで雪だるま作ったり雪玉をなげたりしてると寂しいじゃないですか。だからみんなも一緒にやりましょう。ええ、そうです、僕はいい年してそんなことやってますとも。文句ありますか?

だって仕方ないじゃん。雪が積もると雪だるまを作らずにはいられないんだよお。

しかし本当にこの冬は各地で大雪の被害が続発しております。普段あまり雪の降らない場所からもともと豪雪の地域まで全国的に影響がでているようです。地球温暖化が原因であるというような話も聞きました。もし本当なら来年以降もこんな状態が続くのでしょうか。今年もまだしばらく冬は続きます。今後また雪が降るかどうかは分かりませんが、皆様事故など起こされぬようお気をつけ下さい。
[PR]

by sabasuke | 2006-01-23 00:02 | 雑記

<< 歌ったよ 寝る前 >>