あるあるさんとこの発掘隊   

相も変わらず「あるある」の捏造問題に対して
抗議や苦情が多数寄せられているようですね。
中には「処分の甘さ」に対する文句も混じっているようですが。

ただこの問題に関してはね、
僕はたいしてなんとも思わなかったんですよね。
なぜなら僕は、最初からこの番組の情報など
信用していなかったから。

別に「あるある」だけに限らず、
おそらくテレビ業界内においては
偽造、捏造、やらせなどは日常茶飯事に
行われているのだろう、
というのが僕の認識なのです。

今回の問題は、元々あったその業界の体質が
表面化しただけのことであろうと。

もっとも僕はそれでも全然構わないんですよ。
僕にとってテレビとはあくまで
エンターテイメントでありますから、
やらせだろうが何だろうが楽しめるのなら
それでいいわけです。

まあニュースででっち上げの報道なんか
されたらちと困りますけどね。

ともかく疑り深い僕は今回の問題に
さほど衝撃は感じなかったわけですが、
大変なのは情報に振り回されちゃった
納豆業者さんですね。
一時は生産が追いつかないほど売れたと
思ったらこの問題ですよ。


うん、つまりこの記事は、
冷蔵庫の中に期限が今日までの納豆が
まだ3つも残っていることに気付いたけど、
一昨日のカレーもまだ残ってるし、
一体どう処理しようかと悩んでいたら
何となく書きたくなっただけであって、
特に深い意味はありません。
[PR]

by sabasuke | 2007-01-25 02:38 | 雑記

<< 地獄のナイフが君を狙っている DQMテリーのワンダーランド攻略記7 >>