ロマサガ日記 その3(後)   

さてさて、ルドン、ナゼールと順調に制圧し、勢力を拡大していくアバロン帝国皇帝シャーリー陛下、ここらでいつものパーティー強化を行うことにします。

ルドン高原で強化合宿に励む陛下御一行、しばらく戦っているとキマイラやパイロヒドラなどの強力な敵が出現するようになりました。それらの敵との戦いの中で次々と技をひらめいていく陛下。術法レベルも結構上がりました。そろそろ次に進むとしましょう。アグネスさんのLPがいつの間にか1になっていましたが、気にしないことにします。

次の目的地はカンバーランド。なにやらカンバーランド領を治めるハロルド王から陛下に頼みがあるそうなのです。ということで早速船に乗ってカンバーランド領の首都ダグラスへと向かいます。

ダグラスに到着した陛下、とりあえずハロルド王に会いに行きます。会って早々ハロルド王から頼まれたのは、「自分の跡継ぎを決めて欲しい」というものでした。まさか初対面でいきなりそんな重大なことを頼まれるとは。この王様大丈夫でしょうか。

結局引き受けることにした陛下、話を聞いてみたところ、候補となるものが三名いるということでした。一人目はハロルド王の長男で武勇の誉れ高い、現ネラック城城主ゲオルグ、二人目はハロルド王の長女で聡明で美人と評判の、現在フォーファーの町を治めているソフィア。三人目はハロルド王のお気に入りで人徳のある末っ子のトーマ。この中から誰を選べば良いか迷っているようです。

ハロルド「さて陛下、誰が一番跡継ぎにふさわしいと思いますか?」
陛下「そりゃあもちろん美人で優しいソフィ・・・じゃなくてトーマが良いんじゃない?」
王の鋭い視線を感じた陛下はとっさにそう言い直しました。
ハロルド「やはりそう思いますか。陛下に意見をお伺いしてよかった」
・・・なんだよ。最初から決めてたんじゃん。

その夜、城内で一夜を過ごしていた陛下のもとに突然の知らせが。何とハロルド王が亡くなったというのです。なんという急展開。泣き崩れるトーマを陛下がなだめていると、「ハロルド王の遺言でトーマが跡継ぎに決まった」との知らせが届きます。乗り気でないトーマを無理やり玉座の間へと連れて行くと、またしても知らせが。何と王の遺言に納得いかないゲオルグが兵を集めているというのです。さあ大変です。王の側近だったサイフリートは、陛下に一度帝国へ戻り援軍を連れて来てくれと頼んできます。しかし優しいトーマは兄弟で争うことなどしたくありません。そこで陛下、和平の使者としてゲオルグに話をつけにいくことにしました。

ネラック城では着々と戦の準備を進めています。陛下はゲオルグにトーマの意思を説明しますが、一向に聞く耳を持ちません。それどころか陛下のことを信用できないと言う始末。こいつどついたろか、などと思っていると、またまた緊急事態発生。なんと南のステップからモンスターが攻めてきているとのこと。ここで陛下、ゲオルグの信用を得るために自らこのモンスター征伐を買って出ます。

ということで魔物退治にきた陛下、どうやら敵のボスはでっかいミミズのようです。こんな奴はパイロヒドラの足元にも及ばない雑魚です。さっさと倒してゲオルグに報告に行きます。

こうしてゲオルグの信用を得たと思ったのもつかの間、今度はなんとトーマが打倒ゲオルグを掲げ挙兵したという一報が届きます。何がなんだか訳がわからず混乱してる陛下たちのもとへ、ソフィアが駆けつけました。ソフィアの話によると、今回の一連の事件はすべて陰謀だというのです。ハロルド王が急逝したのも、トーマが即位したのも、ゲオルグの討伐命令も、すべては仕組まれていたことだと。そしてすべての根源は王の側近であったサイフリートの仕業であると。

ということは現在ダグラスに一人残っているトーマが危ない。急いでダグラスへと向かう陛下一向。しかしすでにダグラスの町は制圧されていました。どうやらトーマは無事らしいですが、城の地下に監禁されているようです。そこでゲオルグとソフィアが敵をひきつけている隙に、陛下がトーマを救出することになりました。

作戦は見事成功し、残っている敵は門番の巨人族「スプリガン」のみ。避けて裏口から潜入しても良いのですが、そこは巨人を倒すことにも成功した陛下。今さら格下のスプリガンごときに怖気づいてはいられません。堂々と正面から強行突破。なんなくトーマを救い出します。

こうしてダグラスを解放した陛下は、いち早く逃走したサイフリートを追いかけてサイフリートのアジトへ向かいます。追い詰められたサイフリートは陛下に襲いかかってきましたが、しょせん人間、十分に鍛えられた陛下の敵ではありません。あえなく1ターンで葬り去られました。

これでようやく長かったカンバーランドの話も終わりです。その後トーマは帝国にカンバーランドの支配権を譲渡し、カンバーランドは帝国領となりました。さらにゲオルグやソフィアもホーリーオーダーとして協力してくれることとなりました。めでたしめでたし。

シャーリー陛下の物語はここまでです。次回はどんな話が待っているのでしょうか。
トゥービーコンティニュー

今日覚えた技
瞬速の矢、影矢、バラージシュート、マリオネット、スクリュードライバー、幻惑剣、水鳥剣見切り
[PR]

by sabasuke | 2006-01-20 03:37 | ゲーム

<< お魚くわえたドラ猫 ロマサガ日記 その3(前) >>