ロマサガ2日記 その1   

今日からはロマサガ2プレイ日記をお送りいたします。

まずはプレイ条件について

1、使用武器限定
今回使用する武器は棍棒、小剣、弓の三種類に限定します。理由はいつもあまり使わないから。体術も使用不可。

2、クイックタイム禁止
言うまでもなく反則的に強力なので使いません。

3、ラピッドストリーム禁止
これも強力なので一応禁止しておきます。

4、ワンダーバングル禁止
今回もエミュでプレイしますので、取ろうと思えば簡単に取れますが、極端に難易度が下がるため禁止です。

大体こんな感じです。それでは早速はじめましょう。

ゲーム開始、まずは最終皇帝を選びます。迷わず女で。もちろんただの趣味です。

詩人の語りの後、本編が始まります。
皇帝レオン、封印の地でスタート。現段階ではライトボールと弓しか使えないので、敵とは戦わず宝箱を回収し即脱出。アバロンへ。
レオン陛下がオアイーブとやらと話しているうちに、ジェラールは宮廷魔術師(女)をナンパしてに話しかけてファイアボ-ルを覚えます。その後メイスを2本買い、ジェイムズとベアに装備させます。さらに適当に防具を買ってテレーズに装備させたらウォッチマンの巣へ。

ここで少し技術点かせぎ。LV2の敵が出始めたら奥に進んでウォッチマンを倒します。バスタードソードは一応回収しましたが、今回の攻略では使えません。だったら取らなくてもいいんですが取らずにはいられない。貧乏性なんです。

アバロンに帰ると襲撃された後。ここで回想シーンが入ります。

ヴィクトールVSクジンシー

ヴィクトールは流し切りを使い攻撃しますがたいしてダメージを与えられません。おそらく武器がヘボいのでしょう。かりにも皇族なんだからもっといい武器使わせてあげられなかったのでしょうか。でもよく考えたらレオン陛下でも鋼鉄の剣、ジェラールにいたっては一般兵と同じ長剣しか装備してませんでしたね。単にアバロンではまだ強い武器が作れなかっただけのようです。とにかくクジンシーのソウルスティールでヴィクトール兄さんが昇天します。

これに怒ったレオン陛下とジェラール、早速クジンシーのいるソーモンにのりこみます。やはり宝箱を回収しつつ進みます。特に暖炉の中のソーモンの指輪は精神耐性がありとても便利です。忘れずに回収したらクジンシーのもとへ。何か技でもひらめかないかと通常攻撃だけで戦いますが、何も覚えないままソウルスティール。あえなくレオン陛下が崩御なさいました。

しかしレオン陛下、全ては計算済みの行動でした。死ぬ間際に自らが命をかけて習得したソウルスティールの見切りを息子に伝承します。そう、彼は最初から息子のために命を捨てる覚悟だったのです。子を思う親の気持ち、素晴らしいですね。

こうしてレオン陛下から力を託されたジェラール陛下、町に潜入してきたゴブリンどもを軽く蹴散らしたら、さっさと全滅して皇帝交代させます。(おい)

次の皇帝は宮廷魔術師(女)のエメラルド陛下です。エメラルド陛下は同じく宮廷魔術師(男)のアリエス君と帝国軽装歩兵(女)ライーザたん、さらに帝国猟兵(男)のヘンリー君と帝国重装歩兵のバイソン君を仲間にしてゴブリンの巣へ向かいます。何事もなくゴブリンのキングを倒した陛下御一行はそのままソーモンへ。

全員初対面なのですが前々陛下の仇ということでクジンシーを長き眠りにつかせます。ソウルスティールは前々陛下のおかげで無効なのでただの雑魚です。ゲームバランス的に仕方ないとはいえ他の七英雄に比べて弱すぎです。いや、ソウルスティールがあるから最強ではあるのかも。でもないか。終盤のパーティーだったら一撃だし。

ともかく北バレンヌ地方を平定した陛下、いよいよ南バレンヌへ進出です。
その前に術法研究所設立、さらに盗賊が盗んだ金を盗み帝国の財政を潤します。ひたすら単純作業を繰り返した末、1130万クラウンほどたまったところで今日は終了。

ではまた次の機会に。続く。

今日覚えた技
でたらめ矢、影縫い、二本射ち、返しつき、感電衝、なぎ払い見切り、ソウルスティール見切り
[PR]

by sabasuke | 2006-01-18 00:15 | ゲーム

<< 風説の流布 アクセス数 >>