FFタクティクス モンスター攻略記5   

レベル上げ終了。
主力モンスターのレベルを20程度まで上げました。
(ラムザはエール使ってるうちに25まで上がった)

そういえばレベル上がってもそのマップをクリアするまで
物理攻撃力や魔法攻撃力の数値は変化しないんですね。
ステータス見ても全然能力変わってないもんだから心配しちゃったよ。

「ゴルゴラルダ処刑場」

さて、それではリベンジとまいりましょう。
メンバーは第1部隊に赤青ドラゴン、第2部隊に赤黄チョコボ。

とりあえずガフガリオンは無視して、
赤青ドラゴンは目の前にいるナイトを、
赤チョコボは左側の弓使いを攻撃します。
黄チョコボは敵を攻撃せず味方と合流して回復に専念します。

やっぱりレベルが上がると楽ですね。
なんてったって今まで敵を倒すのに3回の攻撃が必要だったのが、
2回で済むようになりました。
この差がとてつもなく大きい。

素早くナイト、弓使いを倒したら、
その後ガフガリオン、残りの弓使い+ナイト、時魔道士の順に始末。
結局誰一人殺されること無く勝利しました。


ゴルゴラルダ処刑場をクリアしてライオネル城を抜けられるようになったので、
ここで再びイグーロス-ジークデン砦間を往復してモンスター養殖。
目的はレブナントを仲間にすることとモンスターのレベルの底上げ。
モンスターはパーティー内の誰かと同じレベルで生まれてくるので、
レベルの低いキャラを除名しておけばレベルの高いモンスターしか生まれてきません。
ゆえにモンスターは戦闘でレベルを上げる必要なし。楽チンですな。

でも特定のモンスターを狙って生ませることは出来ないのでやっぱりめんどくさい。
結局レブナントが生まれるまで2年半ほどマップ上をうろついてました。
ラムザおっさんになっちゃうよ。

「ライオネル城 城門前」

出撃メンバーは先ほどと同じ。
さっきよりも味方のレベルが高い上、敵に時魔道士がいないので、
ずっと簡単にクリアできます。ガフガリオン弱いし。

またラムザは忍者にしておけばガフガリオンより先に動けるので、
攻撃を受けないようにテレポで安全な場所まで逃げておきます。
ただその時逃げた場所がちょっとまずかったようで、
ラムザが敵ナイトから投石で攻撃を受けたのでリセット。
そんな失敗を1回やらかしましたが特に問題なく終了。

「ライオネル城 城内」

初のルカヴィ戦です。
出撃メンバーは赤黒チョコボ、レッドドラゴン、レブナント。
黒チョコボを入れたのはチョコエスナが使えるからですが、
実際に使ってみてから気がつきました。
チョコエスナでは睡眠が治せないことに。

つまり悪夢の前ではチョコエスナは無意味。
だったらいらねえやってことで黒チョコボやめてブルードラゴンに変更。
さあ、再戦と行きましょう。(1戦目は全員眠らされて負けた)

メンバーは全員後列に配置しておきます。
前列に配置するとキュクレインが悪夢を使うと同時に後退してしまうため、
こちらの攻撃が届かなくなってしまいます。

悪夢の効果は睡眠or死の宣告なので、
死の宣告の方が発動することを祈ります。
死の宣告を受けても3カウント前に倒せば済む話ですから。

こちらの攻撃の主力はレブナントのドレインタッチ。
成功率が高く、威力は相手の最大HP依存(最大HPの3分の1)なので、
ルカヴィ戦では最も威力を発揮します。

結局2回目の挑戦であっさり勝利。
悪夢では赤チョコボが眠らされただけで済み、
ドレインタッチ2回+ドラゴンのブレス3発を決めて撃破。
運も絡むから5、6回のリセットは覚悟してたけどちょっと拍子抜け。


ということでチャプター2終了です。
ゴルゴラルダで少し足止め食ったけど今のところそれなりに順調。
でもこれから敵の攻撃力どんどん強くなってくるからなあ。
状態異常攻撃にも対応できないし、この先ちょっと不安かも。
[PR]

by sabasuke | 2006-12-11 00:02 | ゲーム

<< もう私のこと忘れちゃったの!? 中途半端は嫌 >>