FF5その2   

ではFF5第二世界編、攻略開始いたします。

といってもやることは変わらず、歌で動きを止め地形で倒す、それだけです。雑魚敵だろうがギルガメッシュだろうがおかまい無しです。「地形」ってこんなに使えるアビリティだったんですね。ずっとヘボい技だと思っていた僕を許して。

そのまま苦戦もせず物語は進みます。途中で裏技を使用しダークマターを255個手に入れつつ、バリアの塔に潜入。宝箱から出てくるレッドドラゴンクラスの敵が相手だとさすがに地形だけで倒すのは面倒なので、調合を駆使して倒します。主に使うのはダークマター×2のシャドーフレアか、巨人の薬を飲んだ後のホーリーブレスです。なおジョブは風水士、吟遊詩人をマスターしたら後はずっとすっぴんのままです。(全員調合と動物は取得済み)

さらにストーリーを進めて・・・
相変わらず何の変化もない展開ですね。でも本当のことだしなあ・・・。どのボスも調合を使えばただの雑魚と化します。エクスデスも楽勝です。何か普通に攻略した方が難しかったような気がしてきました。少しくらいレベル制限つければよかったかも・・・。

まあそんなことを気にしてても仕方がないのでちゃっちゃと第三世界行きます。

変わりばえのない話を聞いてもつまらないでしょうから主なボス戦のようすだけ。
まず最初の森で戦うやつ(名前忘れた)は調合ドラゴンシールドで魔法を無効化した後、ダークマターをケチって地形で倒す。時間はかかりますがもちろん楽勝。
ストーカーはサンゴの指輪を装備して地形で倒す。問題なし。
ミノタウロスもやはり地形で。このまま順調に行くかと思いましたが、すべてをしるものが意外と強敵でした。調合や地形で攻撃するとリターン、かといって魔法は使えない、ということで調合祝福のキッスを使ってみる。これでリターンを使われないので楽勝だろうと思ったら攻撃力が異常に高い。直接攻撃であっという間にやられてしまいます。さてどうしたものか。
・・・考えた末に結局装備変更によるミラージュベストはりなおしで対抗することに。だんだん何でもありになってきてしまいました。だって強いんだもん。仕方ないでしょ?

こうして開き直った僕は最後まで一直線。最後まで戦い方は変わらずでした。一番苦戦した敵はもちろんすべてをしるものさんです。ネオエクスデスは雑魚でした。まあ英雄の歌もあったしね。

いや、何か書くのめんどくさくなっちゃって。と言うよりももうネタが無くって。と言うよりも本当はよく覚えてなくって。・・・ごめんなさい。反省してます。

やっぱり文章は話がまとまってから書かなきゃダメですね。書き始めてから内容を考えると途中でネタがないことに気付いてもどうしようもなくなります。今度からは気をつける・・・かもしれません。

とりあえず教訓

レベル制限しないと普通の攻略と変わらん

いやあ、最後にためになる話ができてよかった。(アホ)
[PR]

by sabasuke | 2006-01-16 04:23 | ゲーム

<< 罰則強化 ニートについて >>