ノエル   

いよいよあと1ヶ月と迫ってきましたね。
ザッツ、クリスマス!

たまにね、
「なんでキリスト教徒でもないのにクリスマスを祝うんだ?」
と言う人がいますけどね、
別にキリスト教徒じゃなかったとしても、
日本人ならクリスマスを祝うことは何ら不思議なことではないんですよ。

よく考えてみてください。
そもそも日本人というのはですね、
太古の昔から八百万の神々を、
つまりたくさんの神様を奉ってきた民族なのです。

火の神様であったり、
水の神様であったり、
商いの神様であったり、
学問の神様であったり、
ロマンスの神様であったり、
まさに多種多様です。

さらに神様だけでは飽き足らず、
お釈迦様まで一生懸命拝んだりして、
とりあえず偉そうなものなら何でも崇めとけ、
みたいなノリです。

そんな日本人なのですから、
「神」と名の付くキリストを崇めるのも自然なことであり、
クリスマスという日を祝うことも不思議なことではないのです。


そうです。
クリスマス自体は何の問題もないのです。
問題なのはクリスマスになると、
何故かカップルがいちゃつき始めるということだけです。

おかしいですね。
一体何をどう間違ってこんな事になってしまったのでしょう。
この日本だけにみられる悪しき風習は今すぐにでも改善しなければなりません。


ニュースをお伝えします。
sabasuke国ではクリスマスが近づいてきたことを受け、
「クリスマスデート禁止法案」が国会に提出されました。
モテナイ党の圧倒的な支持により一時は成立に向けた勢いが加速しましたが、
ラブラブ党の猛反発を受け結局は今国会での成立は見送られました。
モテナイ党代表のサ・バースケ氏は記者会見で、
「我々は決してあきらめない。来年こそはきっとこの法案を通してみせる!」
と意気込みを力強く語りました。
どうやら来年もラブラブ党に移る見込みは全く無いもようです。


やっぱり、

キリスト教徒じゃないのに、

クリスマスを、

祝う必要なんて、

ないよね。


今年もクリスマスは、
家から一歩も出ないことを、
ここに宣言します。
[PR]

by sabasuke | 2006-11-25 03:13 | 雑記

<< おめかし FFタクティクス プレイ日記3 >>