表裏   

いやはや、今日は久しぶりに
親と白熱した議論を展開してしまいました。

僕はなんだかちょっと、
っていうかかなり他人とは考え方がズレているみたいなんです。
根本的な感性というか、価値観というか、
そういったものが一般的ではないもようです。

決してね、常識が無いわけではないんですよ。
いや、ニートとかやってるぐらいだから常識が無いといえば無いんですが、
常識が分からないわけではないんですよ。
ただ常識を逸脱した思考を是としがちな傾向があるだけです。

もちろんそういった面は人前では晒さないようにしてますから、
一見すると僕はちょっと内気なだけのただの人。(に見せてるつもり。実生活ではね)
しかし心の奥底では実はサイコさん。
精神病院一直線はほぼ確定的なサイコさん。
危険な香りの漂う男。
俺に惚れたら怪我するぜ!(←この辺が完全にサイコさん)

とまあそのような僕でありますから、
何かの事柄について本音で他人と意見を交し合えば、
必ずこうやって揉めちゃうことは分かりきっていたこと。

常識のある人ではおそらく僕の考え方は理解できませんからね。
基礎的な土台の部分が既に異なっているのでいくら話し合ってもかみ合うはずがありません。
僕の意思を相手に理解してもらおうと思ったら、
まず常識を根底から覆すことから始めなければならない。
そりゃあんた、いちいちそんな骨の折れる作業はやってられませんぜ。

ですからなるべく余計な口出しはしないように気をつけていたんですけどね。
今日はついうっかり余計な一言が出てしまいました。失敗失敗。

まあね、本音をひた隠しにして周りの顔色ばっかり疑うのもね、
卑屈っちゃ卑屈ですけどね。
ただこれは二十数年の人生経験を経て身に付けた知恵でもあるしね。
なんといっても僕のサイコな部分をさらけ出したところで得することはほとんど無い。

ああ、僕はこのまま誰からも理解されることなく、
生涯を終えることになってしまうのだろうか・・・。


・・・なんて僕が悩んでいると思ったら大間違いです。
いいですか、誰からも理解されないってことはね、
それすなわち僕が普通じゃないってことなんですよ!

普通じゃないということはですね、
それすなわち天才かもしれないということなんですよ!

そっかー。天才だったのかー。
じゃあ仕方ないよなー。思考の次元が違うんだもんなー。
その辺の一般人に理解しろっていう方が無理だよなー。

紙一重ですけどね!
[PR]

by sabasuke | 2006-11-22 03:18 | 雑記

<< 幼稚園児の頃よく口ずさんでた FE 聖魔の光石 エイリーク1... >>