ファイアーエムブレム聖戦の系譜 ちんたらプレイ記14   

ルテキア城付近で帝国軍を迎え撃ちます。
敵は上級職ばかりですが鍛えぬいたこの面子なら平気だろう、
と甘く見ていたらムーサーにリーフが殺された。
あれ? リーフ素早さ高いはずなのになんで2回攻撃されるんだ?

・・・銀の斧とか装備してました。
いきなり凡ミスをかましながら今日も攻略スタート。

帝国軍を蹴散らしたらグルティア城へ。
大量のシューターが配備されていますが、踊りを使えば一気に城まで近づけます。
ということでアレスを突っ込ませてミストルティンでボスのジュダを瞬殺。
そしてそのまま制圧。

ここでトラキア軍が「三頭の竜作戦」を発動。
つっても3つの部隊が3つの城を同時に攻めるってだけの話。
攻めて来る部隊は弱いのであらかじめ適当なキャラを2、3人置いとけば撃退できます。

問題はトラキア城近くに待機しているアリオーン。
こいつだけはマジに強いです。
幸いなことに間接攻撃が出来ないのでフォルセティやイチイバルで一気に片を付けます。
アルテナとのやりとりが聞きたいからってゲイボルグ持たせて勝負を挑まないように。
まず間違いなく返り討ちにされます。どうしてもというなら手槍で攻撃しましょう。

第十章 光と闇と

まずはお決まりの闘技場。
今日もヨハン君は期待通り3回戦であっさりと負けてくれました。
しかし前章での戦いで勇者の斧の撃破数が50を越えたため、
なんとか最後まで勝ち抜くことに成功。頑張ったかいがあった。
ところでヨハン君ってばいまだに運の良さが「6」しかないんだけどええんか?

それでは十章攻略開始。
とりあえずフィーは西の村を救うため単身西へ・・・
向かったんだけど別に向かわなくてもよかったかもしれない。
その他のキャラはリーンの踊りを活用して全速前進。
南の森に陣取るダークマージどもを蹴散らしてそのままクロノス城へ。
ボスのヒルダはクイーンという専用クラスに就いている敵だけどフォルセティで瞬殺。

クロノス城を制圧したら近づいてきたリデール隊と交戦します。
リデールは追撃と必殺のスキルを持ち勇者の剣で攻撃してくる強敵。
でもやっぱりフォルセティで瞬殺。本当に凶悪な魔法だ。
リデール隊を撃破したらそのまま一気にラドス城を制圧。ボスのモリガンはザコ。

続いてミレトス城に向かうのですが、
この城を制圧するにはイシュタルかユリウスのどちらかと一戦交えなければいけません。
本来ならイシュタルにフォルセティぶちかまして終了なのですが、
せっかくなので今回はユリウスをぶっ飛ばしてみることにしました。

この時点でのユリウスはなぜか見切りのスキルを持ってないので必殺が通用します。
ということでここはミストルティンを持ったアレス君に頑張ってもらいます。
ミストルティン効果で魔防も上がるのでユリウスの怒り攻撃を受けてもギリギリ耐えられるし。

で、なんか見事なまでに必殺連発してあっさり倒しちゃいました。
「遊びは終わりだ。帰るぞ」と負け惜しみの捨て台詞を残してユリウス撤退。
今頃きっと部屋にこもって泣いてるに違いない。暗黒神もたいしたことないな。

フィーとアルテナを北東へ移動させたらミレトス城制圧。
そしたらいよいよシアルフィ城でアルヴィス皇帝と決戦です。
力と運以外オール30というふざけた能力を持つ野郎。
でも一撃で殺されてしまうようなことはないので回復しながら戦えば問題ありません。
最後はティルフィングを持ったセリスでとどめを刺し、父の仇討ちを果たしてもらいました。

f0042382_23361938.jpg

アルヴィス撃破後、
セリスを特定の位置に待機させると
隠しイベントが発生。
亡き父と母に会えます。
幽霊です。怖っ!
[PR]

by sabasuke | 2006-10-22 23:45 | ゲーム

<< 12月2日発売予定 愛があれば何でもできる >>