ファイアーエムブレム聖戦の系譜 ちんたらプレイ記11   

ついに全員レベル20に到達。
さっさとダナンを倒してやっとこさ六章をクリア。
573ターンもかかっちまったぜ。

第七章 砂漠をこえて

まずは全員一斉にクラスチェンジ。
ユリアやデルムッドは一気に能力が上がるので楽しい。

そして闘技場。
当然みんな余裕で最後まで勝ち抜きます。
ところでカシムって弓兵が出て来たけどこれってあのカシム?

ではでは本編攻略。
セリス軍はその辺のダークマージを倒しながら適当に進みます。
イード城へはセリスとフィーの2人が行けば十分。

シャナンはすぐにパティからバルムンクを受け取って、
ボスも含めイード城近辺の敵を根こそぎ斬り倒していきます。
回避が高いから敵の攻撃はほとんど当たりません。
もしダークマージの攻撃2回受けてしまったら死ぬのでリセット。

レンスターを攻めてくる部隊はフィン1人で片付けられます。
前半で存分に鍛えておいてやったからね。勇者の槍なんか無くても楽勝。
ただできるだけリーフやナンナも攻撃して経験値を稼いでおきます。

レンスター城を無事防衛したら、
リターンの杖とリターンリングを使ってリーフとナンナをセリス軍に合流させます。
・・・と思ったら、ナンナがリターンリング持ってねえよ!

しまったー! 
ラケシスのアイテム欄が一杯にしてあったから、
持ちきれないアイテムが預かり所に預けられちまったー!!
しかもレンスター城には預かり所がないから引き出せねえー!!!

うーん、しょうもない凡ミスをかましてしまった。
仕方ないのでとりあえずリーフだけリターンの杖で送っておいた。
ナンナはフィンとお留守番。

イード城を制圧したら、次はメルゲン城を目指します。
ここで敵部隊のライザとプリーストを倒さずに残しておき、
リーフとパティのレベル上げに利用させてもらおうかと思ったのですが、
しばらくしたらプリーストがなぜかリブローの杖を使わなくなってしまったため断念。
とっととメルゲン城を制圧することにします。
ボスのイシュトーは結構強いですがアーサーのウインドの前には無力です。

メルゲン城を制圧すると北と東から挟み撃ちにされます。
北の部隊は特に気にする必要はないのでさくっとぶち殺してしまいましょう。
なお新たに仲間になったアレスはミストルティン持ってるから強いけど、
速さや守備は上がらないので敵からの攻撃には弱いです。
戦わせるのはセリスたちと合流してからにします。

東から来る部隊にはティニーが混じっているので、
ある程度ひきつけてからアーサーで話しかけて仲間にします。
指揮官の3姉妹はヴァンパだけを残し、フェトラとエリウは倒します。
そしてこのヴァンパを拷問にかけてリーフたちのレベル上げ。
スリープの剣で眠らせると楽にレベルアップできます。

ということでまたまたレベルアップタイムの始まり。
今度は前ほどは時間かからんでしょう。多分。
これ終わったら後はサクサク進むかな。多分。

f0042382_23323534.jpg

ゲームバランスを粉砕する武器その2。
だから速さ+20は反則だって。
しかもこれで流星剣とかもうダメだって。
ちょっとイザーク王家優遇されすぎ。
少しはドズル家にもいい思いさせてやって。
[PR]

by sabasuke | 2006-10-19 23:40 | ゲーム

<< 山の熊さん ウェブ >>