ロマンシングサガ3 カタリナ1人旅5   

ではでは、最終決戦へと赴きましょう。
黄京城の敵はシャドウサーバンドとマタドールとファイナルレターがあればどうとでもなります。
まあ最後のアビスナーガには2回負けたけど。
いずれも「巻きつきでマヒ」→「凝視で石化」のコンボでやられた。

そしてアビスに到着。
真・四魔貴族を倒していきます。

・真・アラケス戦
フェザーシール→シャドウ→マタドールの繰り返しです。
反撃率が低くて少し時間がかかりましたが、
威力の高い攻撃は見切りで防げますし、
負ける相手ではありません。

・真・フォルネウス戦
今回戦った魔貴族の中では一番苦戦しました。
いつも通りシャドウ+マタドールで戦おうと思ったのですが、
カウンター可能な攻撃が二段突きしかない上に使用頻度はあまり高くなく、
しかも誘惑や石化の追加効果のある技など嫌な攻撃を仕掛けてきます。

ということで少し戦法を変更。
二段突きの使用頻度が比較的高い序盤はシャドウ+マタドールで戦い、
5発ほどカウンターを決めることが出来たら、
その後はファイナルレターでの攻撃に切り替えます。
物理攻撃が少ない分だけシャドウが消されることも少ないのでその辺は楽。
ちなみにメイルシュトロームは術防を上げればダメージ0なので問題ないです。

・真・アウナス戦
炎のマントを装備してれば負けはないです。
ひたすらシャドウ+ファイナルレターで攻撃するのみ。
たまにエアスラッシュでシャドウが消されるけどただそれだけ。
苦労したフォルネウス戦の後だったのでいい息抜きになりました。

・真・ビューネイ戦
怖いのはなんといってもアースライザーと超高速ナブラ。
超高速ナブラは食らうと致命傷ですがカウンター可能なのでマタドールで防げます。
しかしアースライザーだけはどうにもなりません。
運が悪いと毎ターンのようにアースライザー使われてシャドウを消されてしまいます。
つまりアースライザーは使われないことを祈るのみ。
撃破成功時はアースライザーを1回しか使われず、
しかもカウンター率10割という大ラッキーであっさりと倒しちゃいました。

・破壊するもの戦
ラスボス。防具はヒドラレザー、フェザーブーツ、キャンディリング、トロールストーンにします。
序盤はいつも通りシャドウ+マタドールで攻撃。
運がよければ闇の翼発動までに5、6回反撃できます。
闇の翼が発動したらフェザーシール→シャドウサーバンドで光の翼発動を狙います。
光の翼が発動したら再びマタドール、
なかなか発動しないようならリヴァイヴァを使った上で攻撃に転じます。
後はその繰り返しです。
結局サラと少年のセリフが入る前に撃破に成功。


はい、ってことでカタリナ1人旅は以外にあっけらかんと終了。
もっと苦労するかと思ったけど案外簡単でした。
要は「素早さ高いキャラのカウンター技は反則」ってことですな。

f0042382_2326210.jpg

真・ビューネイさん。
今回は運良く楽に倒せました。
以前、凝視を防ぐ術を持たない状況で戦った時は
めちゃくちゃ死ねました。
あのころは僕もまだ若かった。
[PR]

by sabasuke | 2006-10-08 23:36 | ゲーム

<< 新日本語 ガーゼの方がいいかも >>