100万回出ると死ぬ(迷信)   

今日はしゃっくりについて話したいと思います。

しゃっくりとは横隔膜の痙攣によって起こります。
通常は何かしらの刺激があった時に不意に発生するのですが、
僕は調子がいい時は意識的にしゃっくりを起こすことが出来ます。
もちろん意識的にしゃっくりを起こしたところでいい事は何もありません。
というか意識的に起こすことは出来ても意識的に止めることは出来ないので、
起こさない方がいいです。

真面目なイベントの最中に出ちゃうと困る、
とってもわずらわしいしゃっくりですが、
しゃっくりを止める方法として様々なものが知られています。

今回はその中の一部をご紹介しましょう。

・びっくりさせる
これは基本ですね。ほとんどの方が知っている方法でしょう。
ただ問題は、人間日常生活の中でそうそうびっくりしたりしないということです。
近くにいる人に「しゃっくり出たからちょっとびっくりさせて」と言ったところで、
そう簡単にびっくりさせてはもらえません。
ということでこの方法は非常に使いにくいものであると言えるでしょう。

・水を飲む
これも有名ですね。
ただ飲むだけではなく、息を止めながら飲む、鼻をつまみながら飲む、
コップの手前からではなくコップの向こう側から覆いかぶさるようにして飲むなど、
様々な方法があります。
ただ僕の今までの経験から言わせてもらうと、成功率はあまり高くありません。
息止め、もしくは鼻つまみで飲んだ場合の成功率はせいぜい2割程度、
コップの向こう側から飲みはうまく飲めずにむせちゃった上に水が鼻に入ってきて、
あげくしゃっくりは止まらないという踏んだり蹴ったりな結果に終わりました。
ということでこの方法もあまり有効的とは言えません。

・舌を引っぱる
舌を30秒ほど強く引っぱると止まるらしいです。
僕もかつて3回ほど試したことがあるのですが成功したことはありません。
残念ながらこれも万人に効果があるというものではないようです。

・柿のヘタを煎じて飲む
まず柿のヘタをいくつか用意します。
それに水を加えて煎じ、煮詰めたものを飲むとしゃっくりが止まるとのこと。
しゃっくりが出てから作り始めたら作り終えるまでにしゃっくりが止まってるでしょうから、
あらかじめ作っておかないと意味がないですね。
たかがしゃっくりのためにわざわざここまで手間をかける必要はないでしょう。

・眼球を圧迫する
これは試したことがありません。
効果があったという方は是非ご一報を。

・人にうつす
これやる方がしゃっくり止めるよりも難しいんじゃない?


とまあ色々な方法があるわけですが、
残念ながら僕にとって効果的なものはこの中にはありません。
それでは僕は普段どうやってしゃっくりを止めているのか。
実はあるのですよ。とっておきの方法が。
その方法とはズバリ、

自分で自分ののどを思いっきり突く

というものです。
中途半端に突いてはいけません。思いっきりです。
目安としては思わず「ヴッ」って声が出ちゃうくらいの強さです。
するとあーら不思議、なんとしゃっくりが止まっているではありませんか!
ちなみにこの方法の成功率は約8割! 驚異的な成功率です。

ただ言わなくても分かるとは思いますが、
この方法は大変危険な方法ですのであまりマネはなさらない方がいいと思われます。
もしご使用なさる際は自己責任でお使い下さい。

まあしゃっくりって別に何もしなくたって、
忘れたころにいつの間にか止まってるよね。
[PR]

by sabasuke | 2006-10-06 02:51 | 雑記

<< マジカル板東パワー ロマンシングサガ3 カタリナ1人旅2 >>