ロマンシングサガ3 術のみ攻略記7   

それじゃ、ちょっくらラスダンに乗り込んできます。
とりあえずは黄京城へ。
マスコンバットは1時間しか持たずにあっさり失敗。
でも特に何の影響もありません。
本当に何のためにこれやるんだろう。

黄京城内の戦闘は省略。
ラスダンで真・四魔貴族と戦います。

・真・アラケス戦
ここから先は全て鳳天舞の陣によるエレンおとり作戦で進めます。
が、いきなりアラケスのスクリュードライバーでミューズが死ぬハプニング。
少しビビリましたが、すかさず回復して態勢を立て直し、
恒例のシャドウ+超重力をメインに攻撃。
その後もなぜか2回ほどミューズがスクリュードライバーで狙われましたが、
シャドウが身代わりとなってセーフ。
それ以外は特に事故もなく順調に撃破しました。
見切りバンザイ!

・真・フォルネウス戦
ある程度魔法防御を上げておけばメイルシュトロームも怖くありません。
時折エレンとボストンは回復に回りつつ、いつも通り戦うだけです。
1回もシャドウを消されなかったので簡単に倒せました。

・真・アウナス戦
はっきり言って超弱いです。
さすが、他の3魔貴族が人型になり若々しくなってる中で、
1人だけジジイ化してしまっているだけのことはあります。
サンダークラップとかシャドウボルトで普通にスタンしてるし。
ヒドラレザーとか装備してるから炎の攻撃はボストン以外はノーダメだし。
結局倒すまでにダメージ受けたのはボストンだけでした。
相手にならん。

・真・ビューネイ戦
アウナスとは打って変わって強敵です。
多彩な攻撃を持ち、攻撃回数も多く、全ては防ぎきれません。
でも今回は運良く見切りを持っている凝視を連発してきてくれたため、
超高速ナブラで1度ボストンが死んだくらいで比較的楽に倒せました。
ってかアースライザー1回も使われなかったよ。
こんなこともあるんだ。

・破壊するもの戦
いよいよラスボスです。
戦法は相変わらずシャドウ+超重力がメイン。
序盤は攻撃がゆるいので問題ありませんが、
問題は闇の翼が発動してからです。

闇の翼が発動すると全ての補助術法がかき消されるため、
再びシャドウサーバントなどをかけ直さなければならないのですが、
闇の翼状態の時に太陽や月の術を使うと、
闇の翼が光の翼に変化して全員のHPが回復するという効果があります。

ということでこの回復効果を利用して戦っていきます。
これで回復面の心配はありませんが、
まだフェイタルミラー(同士討ち)やナイトメア(状態異常色々)という厄介な攻撃も残っています。
っていうか1回ミューズが味方に思いっきりシャドウ+トルネード食らわせてくれて負けた。

早い話、闇の翼発動後はもう運次第ということで、
見事撃破に成功した時は、
エレン、ボストン、ミューズ死亡、ヤンファン術ポイント切れで、
トーマスが最後の最後に放った超重力で撃破するという、
まさにギリギリの勝利でした。いやー、白熱した戦いだった。
2回目の挑戦で倒せたのは運が良かったのかもしれない。

ってなわけで術のみ攻略は見事成功しました。

結論:みんなでシャドウ+超重力使えば楽勝でしょう。

f0042382_23405140.jpg
今回は真・四魔貴族の中から、
フォルネウスさんにご足労頂きました。
「でっかい怪物だったのにすっかりスマートになりましたね」
「はい。ダイエットしたかいがありました」

以上、フォルネウスさんでした。
[PR]

by sabasuke | 2006-10-03 23:50 | ゲーム

<< お早めにお召し上がり下さい バタール >>