平和のバトン   

ふと「最近ブログにアホなことばっかしか書いてないなー」と思った。
「たまには何か真面目なこと書いた方がいいかなー」と思った。
そこへ飛び込んできた「9.11 米同時多発テロから5年」のニュース。

これだ!! 今僕がやるべきことは世界の平和を訴えることだ!!

一体今の僕に何ができるだろうか。
しばらく考えた結果、1つの結論を導き出した。

「よし、平和のバトンを作ろう!」

ということで早速作ってみました。


「平和のバトン」

何でもいいから世界の平和を願うっぽいメッセージを書いてみましょう。
ただし特定の団体、地名や、個人名を出すのはNGです。

それではメッセージをどうぞ!


人間色々だからさ、気に入らない奴もいるし、ムカつくこともたくさんありますよ。
それでも争いあうのはやめましょう。
どこかで傷つく人がいます。どこかに泣いてる人がいます。
僕はやっぱり泣き顔よりも笑顔の方が好きですから。


皆さんもご自分のブログやホームページに平和へのメッセージを書き込んでみましょう。
さあ、恥ずかしがらないで! 世界は友達だ!

なおこのバトンを見た後3日以内にメッセージを書き込まないと、
あなたの身に不幸が訪れる・・・ことはおそらくありません。
安心して無視なさってください。
でも気が向いたら平和のバトン受け取ってやってね。


よし、完璧だ! どうぞ皆さん、コピーしてお使い下さい。
・・・え? 最後のふざけた文のおかげで全然真面目な内容に見えないって?

いやいや、分かってないなあ。
いいですか、これはですね、
例えばあまりに真面目すぎる内容にしてしまうと、
「なに偽善者ぶってんだよ!」
といった感情が芽生えてですね、とっつきにくいものになってしまうのですよ。

しかしこうして多少の遊び心のある文章を加えることによってですね、
「そんなに真剣にならなくてもいいんだな。じゃあ私もちょっとメッセージ書いてみようか」
というように、とてもとっつきやすくなるわけです。
つまりそういった人間の心理を計算した上で、僕はあえてあのような文章を加えたのです。

・・・ってことにしとく。

「そんなメッセージ書くくらいで平和になるなら苦労はしねえよ」
という方もいるかもしれませんが、そりゃごもっとも。
まして僕がこんなところでちょっと平和を叫んだくらいでは何も変わらないでしょう。
だからと言って何もしなければやっぱり何も変わらないわけで、
だったら小さなことでもいいからとにかくやってみませんか、ということです。
このバトンが社会の反響を呼ぶくらい世の中に広まれば、
もしかしたら少しくらい平和につながる影響与える可能性もあるかもよ?


何はともあれ、やはり今日も真面目な記事は書けませんでした。
[PR]

by sabasuke | 2006-09-12 03:06 | 雑記

<< これから寝る人もおはようございます 聖剣伝説2 プリム1人旅攻略日記8 >>